2017.07.22

電車に乗った

20140715_172240

3月24日の宇都宮からの帰阪以来、ほぼ4ヶ月ぶりに電車に乗った。

まずは最寄り駅の改札。
Apple Watchでの入場で、ひっかかる。
東京駅で出場したことになっていないとか。
そういえば、3月に近鉄京都駅で入れなかったんだったなぁ。その時は、ICOCAを使ったんだったが。

駅員さんに処理をして貰って、入場。
ちょうど各停がきていたので乗車。あとからの快速に追い越されるが、時間はあるから。

ところが北新地で、ピピッと言わないのに「ありがとうございました」と出たので、訝しく思いながらもそのまま通過。
やはり西梅田で引っかかる。北新地で出場したことになっていないのだった。

またしても北新地まで引き返して、処理をして貰う。
今度はうまく入れたが、肥後橋で出るときにひっかかる。

駅員に言うと、モバイルSuicaを(Apple Watchの画面で)出してないからではとのこと。
北新地で外したときに、そのまま腕に付けて、パスコードを入れてなかったからだと気づく。

しばらく使っていないから、ちょっとしたことで引っかかってしまう。

そんなこんなで15分くらい損をしたかなぁ。


そのあとは昼休み休憩中も席を立たず、11時から17時まで6時間座りっぱなしだったのに、立ち上がったときに痛くないのは非常に嬉しかった。


椅子にかけるとき、椅子から立ち上がるとき、都度激痛が走っていたのがなくなったのは、何にも増してありがたい。


帰宅してからはさすがに疲れていたが、大阪までの外出ならば大丈夫そうだ。
来週は到着駅から目的地までもう少し距離があるが、何とかなるだろう。


| | コメント (0)

2017.07.21

三浦しをん【政と源】

政と源

政と源三浦 しをん 著
税込価格: 637円
出版 : 集英社
ISBN :978-4-08-680135-5
発行年月 :2017/06/22
利用対象 : 一般

東京都墨田区Y町。つまみ簪職人・源二郎の弟子、徹平の様子がおかしい。どうやら昔の不良仲間にゆすられたらしい。それを知った源二郎は、幼なじみの国政とともにひと肌脱ぐことにするが−。【「TRC MARC」の商品解説】

タイトルからして時代物かと思ったのだが、東京下町の話だった。

冒頭「」は、まずは登場人物紹介。
一流大学を出て銀行に就職し、リタイアした途端妻は娘のところへ去ってしまった、有田国政。
小学校を出てすぐつまみ簪職人になった、堀源二郎。

70歳を過ぎても、何故このふたりは仲が良いのか。
この二人に、源の弟子の吉岡徹平とその恋人美容師マミが絡む。

舞台は東京墨田区。
源は、空襲で母や弟妹、家を亡くしている。夢でうなされているのを、泊まった政は目撃する。


徹平がチンピラだった頃の仲間がやってきて、政と源が追い払ったり、なかなか勇ましい出だしである。


「幼なじみ無線」

幼なじみというのは、無線で繋がっているのか。
政が突然ぎっくり腰になったのを、源が訪ねてきて発見。「無線」が通じたのか。
介抱のため泊まり込んでくれるのが、有りがたくもありやや迷惑でもあり。

徹平に慕われる源をうらやんで嫉妬する政がかわいい。
この政は、内館牧子【終わった人】と同じように大学を出て銀行に就職し、がむしゃらに働いてきた。
妻に愛想づかしをされて一人暮らしだ。

しかし彼には、友だちがいる。
「終わった人」でも、結局は故郷の高校時代の同級生に救われる。


「象を見た日」

徹平は昔チンピラだった名残か、かなり派手な格好をしている。
言葉遣いは丁寧だし、その描写があるまで普通(?)の服装かと思っていた。

それはともかく、まだ20歳なのに恋人のマミの家へ結婚したいと言いにいって、父親からぼろくそに言われる。
認めて貰うにはちゃんと仕事が出来ることを示さねばならない。
師匠から習った簪だけでなく、自分がデザインしたアクセサリーを作ることで、少し自信を持つようになるが。


各短編とも、東京下町の庶民の哀感が描かれていて楽しい。

最後の、政と妻とのやりとりもしんみりとさせてくれた。


政と源
Kindle価格:594円
honto価格:594円


| | コメント (0)

2017.07.20

松苗あけみ【猫もえ!】

タイトル猫もえ!

猫もえ!松苗 あけみ 著
税込価格:
出版 : ぶんか社
ISBN : 978-4-8211-7059-3
発行年月 : 2015/04/23
利用対象 : 一般

夫と12匹の猫たちとの共同生活は毎日が笑いと刺激でいっぱい!猫のために一軒家まで建てた! 

最近、RSSリーダーから流れてくるブログの更新が少ない。
比較的最近登録したところ(ミニマリスト系が多い)を見直して、今は昔なじみのブログが多い。
ところが、皆さんなかなか更新なさらないので、昨日など午前中には殆ど動きがなかった。
パソコンを替えた方は、うまく投稿出来ないのだろうか?気になっている。

ミニマリスト系の幾つかを切ったのは、いつかも書いたが本を出してお互い褒め合っているようなのがあまり好きになれなかったから。
勿論、内容が気に入っているところは、参考になることが多いし訪問している。


それはともかく、本書である。「Kindle日替わりセール」で299円だったので、迷わずポチッ。
猫のために一軒家まで建てたなんて、楽しそう!

紙本は既に古書でしか無いようで、たった2年でそうなるのか?出版多すぎ!というのは於いて、まぁまぁ面白かった。

それぞれの短編(?)も、「猫バカ」から始まって、「猫コロッケ」だとか「猫ブサ」「猫もふ」などと続く。
「猫別れ」というのもあって、これは切ないのかな?

などとチラッと思いつつ、あっという間に読了(?)。


12匹全部に名前がついていて、みんな抱っこされたがる。
よく似た風貌なので、名前を覚えきれない。

唯一不満は、西洋猫が殆どで、和猫は男の子1匹だけという点だった。
やっぱり、日本猫が好きだなぁ。と、あらためて認識したことだった。


余談だが(いや本題?)、コミックはiPadminiでは苦しい。大きな画面で見たいなぁ。


猫もえ!
Kindle価格:299円
honto価格:648円


| | コメント (0)

2017.07.19

読書メーター 再び

2

2月に読書メーターを再開してから、過去のレビューをボチボチと書き込んできた。
ようやく、それが終わった。

今は時々書く現在のレビューを登録している。
現在、読んだ本は1083冊ということになっている。これはレビューを書いたものだけだから、実際にはこれの倍くらいは読んでいるだろう。


登録したのが2008年10月で、まもなく使わなくなっている。
ブログを始めたのが2004年4月1日だから、単純計算で一ヶ月6冊くらいにしかならない。
書かなかったものを含めると、3日に1冊くらいになるだろうか?


昨日はお昼頃急な雷雨で、その時点では少し涼しくなった。
しかし午後は相変わらずの暑さだった。

東京では、雹が降ったとか!


| | コメント (0)

2017.07.18

内館牧子【終わった人】

終わった人

終わった人内館 牧子 著
税込価格: 1,728円
出版 : 講談社
ISBN : 978-4-06-219735-9
発行年月 :2015/09/17
利用対象 : 一般

仕事一筋だった田代壮介は定年を迎えて途方に暮れた。「まだ俺は成仏していない」と職探しをするが…。生き甲斐を求め、居場所を探して、惑い、あがき続ける男に再生の時は訪れるのか?【「TRC MARC」の商品解説】

「身につまされる」といったレビューがあったが、何とも往生際の悪い男だ。
「東大法科卒・メガバンクに就職した」がどうしても頭から離れない。
ジムで同じようなジジババたちとも打ち解けない。どこか彼らをバカにしている。


勉強なら何とかなるかと思って東大大学院を受けるためにカルチャースクールに通うも、本当にしたいことではないような気がする。

もっともそこの受付にいた女性に、同じ東北出身というのもあって接近していく。
この女の子がなかなか強かで、近づいたかと想うと距離を開け、また連絡してくる。


その内、ジムに通っていたさわやかな若者に声をかけられ、その会社で顧問として働くことになるのだが……。


こういう定年じいさんは、実に多い。
どうしてもキャリアを出したくて、次のステップで無心になれない。
主婦が日常の中で自分らしさを活かせる場所を獲得していくのとは違い、どこへ行ってもなじめないのだろう。
「ボランティアなんて自分のしてきたことに比べたら……」とか「こんなジムなどは自分のいるところではない」といった上から目線が消せないのだろう。

荘介の場合は、お嬢さま育ちの妻が技能を身につけて生き生きとしているのを容認しているだけマシかもしれないが。


7月13日付の「いすみ鉄道 社長ブログ」

会社で働く以外に収入の道が無い人たちは労働者であり、労働者というのは決して中流ではない
という言葉があった。

この言葉を、宗佑に聞かせたい。


しかし、同窓会で盛岡へ行ってからの展開は良い。
鎧を捨てて、素の自分に戻り、現状を級友に話す。

そしてその後、東京へ戻ってから身の振り方を考える。

娘道子と、妻千種のいとこトシの存在が救いになっている。


終わった人
Kindle価格:1,404円
honto価格:1,404円


| | コメント (0)

2017.07.17

近藤史恵【シャルロットの憂鬱】

シャルロットの憂鬱

シャルロットの憂鬱近藤 史恵 著
税込価格:1,188円
出版 : 光文社
ISBN : 978-4-334-91127-0
発行年月 : 2016/10/28
利用対象 : 一般

シャルロットは雌のジャーマンシェパード。警察犬を早く引退し、4歳で池上家にやってきた。はじめて犬と暮らす共働きの夫妻にとって、賢くて聞き分けがよく、少し甘えん坊のシャルロットとの日々はとても新鮮。

シャルロットの新しい主人は、不妊治療に疲れた池上夫婦。

6つの短編からなっているが、犬を通じた飼い主どうしの交流の中、ちょっとした事件が起きる。
それを解決するのが浩輔で、わたしこと真澄はワトソン的役回り。


表題作の【シャルロットの憂鬱】は、犬でも元の職場をあまり思い出したくないという、ちょっとユーモラスな設定だった。
それにしても、色々な事情を知っている人物が犯罪に関わると、厄介なことになる。

【シャルロットの友達】
幼い女の子の友だちが出来たシャルロットだったが。
チワワの凶暴性は、解決出来ているのかな?


【シャルロットと猫の集会】と【シャルロットのお留守番】も、どちらも子どもが関係している。
犬好きの子どもは多いし、犬も子どもが好きだ。


【シャルロットと猛犬】
これはかなり怖い話だ。実際にこんなことをする人がいると思いたくないが、子どもと犬をふたり(?)だけでおいてはいけない。


【シャルロットとボーイフレンド】
読んだときはふんふんと思ったのだろうが、ちょっと時間が経つと内容を忘れてしまった。


著者の名前に記憶があるが、読んだことあったっけ?
アンソロジーで幾つか読んでいたのだった。【エール! お仕事小説】の中だとか、【和菓子のアンソロジー】だとか。


シャルロットの憂鬱


| | コメント (0)

2017.07.16

iPhoneアプリ:infltr - 無限のフィルター

Infltr

いつもは240円のアプリが無料になるというので、入れてみた。
AppStoreではなく、「AppleStore」から入手できるというので、まずはそのAppleStoreをインストール。
そのご「あなたに特別なプレゼント」とかいうところへいって、ここから先はAppStoreからのダウンロードになる。

似たようなアプリを一時使っていたことがあるが、放置状態。
このアプリも、結局使うかどうか判らない。


参考サイト
¥240→無料:Apple、画像フィルター・アプリ「infltr」を無料配信中


| | コメント (0)

2017.07.15

堂場瞬一【検証捜査】

検証捜査

検証捜査堂場 瞬一 著
税込価格: 1,365円
出版 : PHP研究所
ISBN : 978-4-569-70039-7
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

左遷中の神谷警部補に本庁刑事部長から特命が下る。その内容は、連続婦女暴行殺人事件の犯人を誤認逮捕した神奈川県警を捜査すること。チームが編成され、検証を進めるうち、県警のずさんな捜査ぶりが浮かび上がり…。【「TRC MARC」の商品解説】

最後にはいつものように「この小説はフィクションであり、実在の個人・団体云々」とあるが、ここまで実在の警察署名を挙げての描写はどうなのだろう?

たしか織田裕二主演のドラマでも、警視庁対神奈川県警という構図があったような気がするが……。
横山秀夫の小説では、モデルはあるのだろうが架空県になっている。


というのはともかく、実際には警視庁も神奈川県警も腐敗しているという印象。

各県警(府警)から寄せ集められて既に終わった捜査の「検証」をするという話。実際に存在するのだろうか?
仲村トオル主演でドラマ放映という記事を読んで、こんな本もあったのかと読んでみた。


著者の描く女性刑事や探偵は、とにかくとんがっている。
その中でも、本書の凜は特別ではないか。

彼女が抱えている「闇」というのは、女性ならほぼ検討がつくように思う。


永井が入院したあと、神谷が暴走して島へ返され、凜が訪ねてきた辺りから、「チーム」としてまとまっていくのが急展開な感もあるが。

これ以降の凜の態度は、可愛らしくもある。


しかし、最後(犯人が判ってから)は後味の悪いものになった。


「何々捜査」というシリーズもあるようだが、登場人物は一話ずつ違うようだ。


検証捜査
Kindle価格:710円


| | コメント (0)

2017.07.14

ファクス買い替えつづき

20170713_193459

これまでのファクスは普通紙というので、当時嬉しかった。
また、親機には電話機がついてないタイプを選んだので、幅が短くて済んだ。

その普通紙ファクスだが、紙は裏紙を使うとして、問題はインクフィルムだった。
人材派遣をしますといった迷惑ファクスも多く、フィルムが無駄に廻ってしまうのだ。

買い替えたのは、「見てからファクス」というもの。中身を確認してから印字出来る。
SDカード保存も出来るので、パソコンから印刷も可能のようだ。

本当はもう一つ上のスマホ転送がよかったのだが、色が派手すぎなのでやめた。

昨日の画像は白だが、本当はシャンパンゴールドで、壁の色とも馴染む。


設置は自分でしたので、機能についてはボチボチ取説頼みだ。


機能ならぬ昨日の午後は、途中若干の休憩を挟んで2時間ほど立ちっぱなしだったので、脚がかなりガチガチ。


| | コメント (0)

2017.07.13

ファクス買い替え

Img_point0_2_4

ある日、FAX親機のディスプレイが文字化けしているのに気づいた。
読める部分もあるのだが、何だかさっぱり判らない表示もある。

「FAXが届いています」以外はまぁいいかと思っていたのだが、今度は受信したFAX文面が非常に薄くて判りづらい。

仕方なく、買い替えることにして、それが先ほどようやく届いた。


と書いたところで、食事に行く。

| | コメント (0)

«コリン・デクスター【死者たちの礼拝】