2024.04.22

【土曜はカフェ・チボリで】

Photo_20240420184401

著者:内山純
価格:858円
カテゴリ:一般
発売日:2022/03/19
出版社: 東京創元社
レーベル: 創元推理文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-488-48013-4

風変わりな店主・レンが優雅な仕種でマッチを擦ると、謎はたちまち解かれていく。忙しない日常にひと時の安らぎをもたらす、安楽椅子探偵譚。

 

【第一話 マッチ擦りの少女】では、主人公香衣がフトしたことでカフェ・チボリを訪れるところから始まる。

そのカフェの店員のしぐさが、こういったちょっと変わったカフェの物語によくある少々浮世離れした接客で、少々ウンザリして途中で読むのを止めようかと思った。

ところがその内、奇妙な魅力を感じて最後まで読んでしまった。

香衣はオープンしたばかりの一番目の客ということで、その後も主の印象に残ることになる。
香衣が店に来るきっかけになった客と、これまた偶然訪れた元大学教員は、毎週土曜日にはカフェに通うことになる。
この不思議なカフェは、土曜日しかオープンしないのだった。

以下の収録作から判るように、アンデルセンの童話を元にして、ちょっとした謎を仕掛けてある。
それを客たちが推理し合い、最後は店主が解くという趣向である。

贅沢な食器、値打ちのある調度、それに何より考えられない立地と、まずは現実的ではない設定だったが、結構楽しかった。

【第二話 きれいなあひるの子】

【第三話 アンデルセンのお姫様】

【第四話 カイと雪の女王】

最後に、レンが大きな思い違いしていたのが解かれたのに救われた。

 

| | コメント (0)

2024.04.21

ドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」

20120422-093207_20240420110701

「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」が先週から始まっている。

昨日、ようやく観た。もう2回目も放映されたのに。

昨夏の蘇った花火大会で燃え尽きたか、星太郞は引きこもってしまった。
しかたなく、水森は他店にアルバイトに行っている。そこで聞いてきた「望月煙火店」のすごさを話しても、星太郞の火はつかない。

今回は、そんなこんなでドラマ自体がウダウダと過ぎていった。

 

新シリーズから登場の女性。
いきなり「弟子にしてくれ」はともかく、「結婚してほしい」には、やはり引いてしまう。

すでに出来上がっているところに後から参入するのは、難しいだろうと思うが。ハッキリ言って、好感度はよくない。

 

画像は12年前の4月22日。雨上がりだろうか?

 

| | コメント (0)

2024.04.20

柚月裕子【風に立つ】

Photo_20240328125501

著者:柚月裕子
価格:1,980円
カテゴリ:一般
発売日:2024/01/10
出版社: 中央公論新社
利用対象:一般
ISBN:978-4-12-005728-1

岩手・盛岡を舞台に、揺れ動く心の機微を掬いとる、著者会心の新たな代表作!

 

悟の父孝雄は、突然補導委託を始めると言った。

自分に対するこれまでの孝雄の態度に疑問を持っている悟は、納得いかなくて自分は圏外にいようと決心する。

しかし一緒に仕事をし暮らしているからには、そういうわけにもいかず、いやが上にもその少年と関わっていくことになる。

物語の芯は少年の成長にあるが、同時に悟と父親との関係性の変化にもある。

この悟の気持ちはよく解る。

親は、自分がしてきた苦労を子どもにさせまいとして、過剰な干渉をする。
子どもは、自分なりに考えていることがあるのに。

この孝雄の場合は、子どもとの向き合い方がつかめずに、素っ気ない態度を取っていたのだろう。
悟には、それが物足りなかった。補ってくれる存在である母がいないだけに、なかなか解りあえなかった。

お互い不器用でも、いい方向性を見つけられてよかった。

 

物語の主筋とは別に、南部鉄器の素晴らしさもわかった。
ただ重いので、最近は敬遠している。鉄瓶も処分した。

 

| | コメント (0)

2024.04.19

3連発ならぬ3連打、トラ勝利 阪神2―0巨人 プロ野球

20180419-145946

3連発ならぬ3連打、トラ勝利 阪神2―0巨人 プロ野球

今読んでいるのは「名古屋めし」の話なのだが、その登場人物のひとりに「虎」と書いて「タイガ」と読ませている人物がいる。
主人公龍は、勿論親がドラファンだからだが。

龍と書いて「とおる」と言う主人公は、その「タイガ」に名前の由来について話を振る。
タイガの父親は、まさしく上記「3連発」を生で見ていて、将来息子ができたら「虎」と名付けると決めていたとか。

色々な偶然は起きる。

 

画像は8年前の4月19日。淀川河川敷。

 

| | コメント (0)

2024.04.18

太田忠司【名古屋駅西 喫茶ユトリロ】

Photo_20240417204701

著者:太田忠司
価格:726円
カテゴリ:一般
発売日:2023/04/14
出版社: 角川春樹事務所
レーベル: ハルキ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-7584-4554-2

名古屋めしの魅力が満載の連作ミステリー。

 

シリーズもの。

「ユトリロ」とは、喫茶店に飾ってある名画。喫茶店名の由来でもある。

龍は東京生まれの東京育ちではあるが、名大の医学部に合格して、名古屋で父の実家に下宿している。
名古屋には殆ど縁が無かったが、少しずつ「名古屋めし」にも馴染んでいく。

その龍が、店の常連たちから聞かされたちょっとした謎を解くという話。
ではあっても、実は大学の先輩麻衣の力が大きい。

その「名古屋めし」は、「手羽先唐揚げ」「カレーうどん」「海老フライ」「寿がきやラーメン」「鬼まんじゅう」「味噌おでん」など。
解く謎も、「ピンポンダッシュ」であったり街中での「ドッキリ撮影」など。

実際に麻衣に相談している内に、龍は麻衣にほのかな思いを抱くようになるのだったが……。

名古屋を舞台にした話に、あまり外れはない。

今回も名古屋弁が、楽しかった。でもいつも思うのだが、まったく名古屋弁を知らない人には判りにくいだろうなぁ。
龍の数少ない友人、駿がいい味を出している。

二巻目を購入したのは、言うまでもない。

表紙カバーは、あまり好きになれない。

 

| | コメント (0)

2024.04.17

冷凍パン

Pan

冷凍パンのサブスクを始めた。
どこで紹介されたのだったかは、忘れた。

決まったパン屋さんではなく、全国各地のパン屋さんから届くようだ。

一回目が先日届いた。これは、佐賀県から。8個入っていた。

コスパは良くないが、いつも何かしら食べるものがあるのは安心だ。

肝心のお味だが、お勧めだった食パンは、確かにおいしかった。
息子の評価では、他のパンはいつも買っているところの方がいいとのこと。

今後続けるかどうかは、二、三回届いてから決めよう。

 

| | コメント (0)

2024.04.16

長尾幹也【解雇告ぐる日】

Photo_20240415123901

著者:長尾幹也
価格:1,650円
カテゴリ:一般
発行年月:2000.6
出版社: かもがわ出版
利用対象:一般
ISBN:4-87699-523-0

勤め人であれば誰もが感じる鬱積した心を三十一文字の詩情に託し、仕事と人生の狭間にある情念を鋭く切りとったサラリーマン必読の哀歌集。

 

5年ほど前から他系統萎縮症で病床にあったのだったが、66歳でのご逝去は早すぎる。
晩年の歌は、視線入力機器を使ったの作歌だったよし。

あらためて、本書を読み直す。

やはり、「解雇告ぐる日」の歌が切ない。

 

妻は泣きわれは視線に文字を打つ午後の病室蝶も鳩も来ず

これは本書とは関係ない、最後の投稿歌である。

 

関連記事

【解雇告ぐる日】(10.08.26)

 

| | コメント (0)

2024.04.15

包丁

Photo_20240415094901

トマトが切れにくいとぼやいて、幾年月(おおげさ)。

ついに、包丁を買った。席孫六の「べにふじ」(多分)とかいうもの。

ちょっと怖いような切れ味だ。落としかけて慌て、指を切ってしまった。かなりザックリと。

しかし、トマトが綺麗に切れることに、単純に喜んでいる。

 

| | コメント (0)

2024.04.14

中山七里【総理にされた男】

Photo_20240413182101

著者:中山七里
価格:880円
取扱開始日:2022/03/04
出版社: NHK出版
ISBN:452-8-18-972772-4

予測不能な圧巻の展開と、読後の爽快感がたまらない、魅力満載の一冊。

 

結構怖い話が多いので、最近敬遠気味だった著者だったが……。

これが、非常に面白かった。

加納眞策は、売れない劇団俳優。
顔や姿が現在の総理大臣真垣統一郎とそっくりなことから、上映劇の前座として真垣の真似をして、それが受けている。

住まいを追い出されて、今は恋人の家に転がり込んでいる。

ある日家を出た途端、眞策は二人の男に拉致されて、連れて行かれたのは総理官邸。
総理の健康状態が非常に悪い状態なので、「替え玉」にされたのだ。

向かう敵は野党や官僚だけでなく、同じ党にもいる。

眞策はそれらの危機をうまく乗り越えて行ったのだが……。

一方恋人は帰ってこない眞策を案じて、捜索願を出す。

眞策の古い友人や、捜査をしてくれる警察官などを巻き込みながら、話はどんどん進んでいく。

国会の答弁なども面白かったが、最後は、非常にいい終わり方をした。

著者の作品からは、ちょっと想像できなかったな。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2024.04.13

ドラマ「虎に翼」二週目

20150413-102902

二週目からは、いよいよ魔女軍団登場。

個性的な5人が、勢揃いする。

この内涼子とよねにはモデルがあって、虎子のモデル三淵さんと一緒に初の弁護士になった三人の内の二人らしい。
だが年齢が違うので(かどうかは 知らんけど)、同学年としては役割を変えたのだろうか??
週のタイトル「女三人寄れば姦しい」は、この三人のことかな?

そして実際の裁判を傍聴した虎子は、その理不尽さに驚き、必至で勉強するも、現状では救いがたい状況であることを悟る。
だが、裁判官の心証を動かすことはできたのだ。
当時としては、画期的な判決だったことだろう。

 

それから、団子屋で涼子の付き人たまちゃんも奢って貰って、嬉しそうに食べていたのが印象的だった。

男女の差別もあるが、こういう身分上の諸々も存在している。

 

画像は9年前の4月13日だが……。
場所は、「はて?」。

 

| | コメント (0)

«上田健次【銀座「四宝堂」文房具店 (2)】