2018.02.25

田中啓文【辛い飴】

辛い飴永見緋太郎の事件簿

辛い飴田中 啓文 著
税込価格: 994円
出版 : 東京創元社
ISBN : 978-4-488-47502-4
発行年月 : 2010.11
利用対象 : 一般

天才的テナーサックス奏者・永見緋太郎は、相変わらず音楽一筋の日々を過ごしている。しかし、ひとたび謎に遭遇すると…。【「BOOK」データベースの商品解説】より

永見緋太郎の事件簿シリーズの二作目ということで、第一作目は読んでいない。
全編ジャズの演奏とその様子を詳細に語っている。
ジャズはよく判らないのでついていけない部分も多いが、それでも雰囲気は楽しめる。

音楽とミステリの邂逅という、ジャズファンにとっては至高の幸せに浸れる一冊と言えるだろうか。

本書はジャズバンドを率いる唐島英治が進行役を務める。

第一話【苦い水】は、天才的なトロンボーン奏者安来の話。
なぜ酒におぼれて才能を枯渇させてしまっているのか。

最後に永見がその謎を解くというもの。
安来の周りの人たちの人情話とも言えるか。


第二話【酸っぱい酒】は、ブルースを歌う女性の話。
昔聞いた天才的な歌手を尋ねて、唐島のバンドにくっついて名古屋まで行く。
彼女はわけありで、当時の記憶を訪ねたいらしい。

「伝説」というのは、作られていくもののようだ。


第三話【甘い土】は、民族音楽がテーマ。
古代から受け継がれた音楽を演奏する祭りと、その純朴さに目を付けたさぎ師と。


表題作でもある第四話【辛い飴】は、よかった。

唐島が1度聞いただけで心酔してしまった、アメリカのキャンディのバンド。
彼らは40年も、同じメンバーでやっていたのだった。


第五話【塩っぱい球】

球団から頼まれて、「兄者」と呼ばれる選手のテーマソング「アメイジング・グレイス」を吹くことになった唐島。
「兄者」は名前を金本と言い、球団名は「坂上ライガース」って、もしや著者は虎ファン??

その内、「黄泉売スネオズ」「横浜バニラス」「中日ドラボンズ」などという球団名も飛び出してきて、これはこれは……。

話は難病の子へのエールがあったり、野球賭博まで登場。

野球は初めてだという永見が、観戦していただけで明かした推理的中。という趣向。

あとで調べたら、著者は大阪出身で神戸大学を出ておられた。
最後の著者紹介で、ちゃんと説明があった。


第六話の【渋い夢】は、地方の大金持ちが道楽で作ったライブハウスでの話。
そこでは何故か楽器が消える事件が起きており、唐島たちが行ったときには、高額なピアノが消えた。しかも、搬入するときには、大きすぎて壁を壊して入れたというものだ。

これは懲らしめという意図があったようだが、世の中何でも金で片がつくというものではないというお話。


第七話【淡泊な毒】は、唐島が初めてレコーディングした頃の話も出てくる。
どうしようもなく我が儘なプロジューサーの旧悪が、現代に戻ったときに暴露される。


本書が面白いのは、ワトソン役の唐島がホームズである永見の保護者的存在であること。
唐島はバンドリーダーであり、そこそこキャリアもある。
一方の永見は天才的なサックス吹きだが、どこかとぼけているというか、天然というか。


最後に特別編【さっちゃんのアルト】が来る。
唐島が施設で育ったとは、どこかに書いてあったか?シリーズ1で明かされていることかもしれないが。


各話の最後に、田中啓文の「大きなお世話」的 というのがつく。
古いレコードのジャケットの写真が掲載されていて、どうやら著者の秘蔵品のようである。


本書は「味」を各短篇のタイトルに持ってきているが、第一シリーズでは「色」を取り上げていたとか。
ちょっと経ってから、読んでみようかな。


著者の作品は【道頓堀の大ダコ】(14.08.04)しか読んでないが、どうも本書の方が本命のような気がする。


辛い飴
Kindle版価格:850円


| | コメント (0)

2018.02.24

キルギスで歌う「未来へ」

20180222_1207361

キルギスで歌う「未来へ」 あの「Kiroro」はいま

この二人の「冬のうた」が好きで、よく歌っていたなぁ。

結婚して引退したのかと思っていたが、仕事をセーブしながらずっと続けていたんだ。
こういう形の、ゆとりある活動っていいなぁ。


| | コメント (0)

2018.02.23

ブーイングより励ましの拍手

20180222_124722_hdr_2

ブーイングより励ましの拍手 フィギュアに見た五輪精神

ああ、これ。
フィギュアの選手たちは、仲がいいという。
他者と競争しての勝利というよりは、自分が高得点を出せばいいという種目だからだろう。

↑の記事は応援風景だが、男子フィギュアでも、日本の応援団が羽生のあとの国旗を振っていると報じられていた。


北朝鮮のチアガールについては、池上彰さんが心配しておられたな。


| | コメント (0)

2018.02.22

こんなところにいます






| | コメント (0)

2018.02.21

そろばん人気、商人のDNA

20160211_172100

そろばん人気、商人のDNA 塾生徒が日本一多いのは…

これまた、へぇーーの話。
そろばん塾が、今も健在とは!


かくいう自分は、計算機が信用できない。
ソロバンを持ち出して、検算する。
1級をを取った時に買って貰った、ツゲ材のソロバンは現役だ。
そのあと、ソロバン塾は辞めてしまったが。


多分、自分の持ち物の中で、「最高齢」の道具だ。

割り算で「方落とし」「両落とし」などなつかしい。
「片落とし」とは、除数をソロバンに置かないこと。「両落とし」だと被除数も置かないから、いきなり答えを置いていくことになる。
もう、今は出来ない技だ。


| | コメント (0)

2018.02.20

(葦)無印良“駅”

40c51d1cs

(葦)無印良“駅”

何気なく夕刊(紙版)を見ていたら、「無印良“駅”」という言葉が目に入った。
無印良品と何か関係あるのかなといぶかりながら読んでみる。

へーー、京阪枚方市駅が改装されるんだ。

そのデザインを、無印良品が請け負うとのこと。
無印良品は成田空港第3ターミナルの待合とフードコートのソファ・椅子・テーブルをデザインしているという実績があるらしい。

ググってみると「枚方つーしん」というサイトに画像があった。
↑がそうだが、2階のコンコース部分だろう。


| | コメント (0)

2018.02.19

平昌五輪・銀の小平、古武術が支え

20120218_210107

平昌五輪・銀の小平、古武術が支え びわこ成蹊大教授が伝授

17日に続いて、18日にも金メダルが出た。
スピードスケート日本女子初だし、オリンピック記録でもある。

滑っているときのすさまじいまでの顔と素顔の可愛い顔と。
ずっと密かに応援している小平奈緒さんが、この快挙を成し遂げた。

↑のニュースは少し前のものだが、「古武術が支え」というのが面白かった。


| | コメント (0)

2018.02.18

若い力

20180212_164842

「朝日杯将棋オープン戦」準決勝で羽生竜王と藤井5段が対戦すると知ったとき、羽生さんにも勝ってほしいし藤井君にも頑張ってほしい、せめて決勝でなら、等と思っていた。

結果は藤井君の勝ちで、午後には決勝戦でも勝利し、優勝してしまった。
羽生さんに勝って決勝で負けたらちょっと残念なので、これでよかった。


一方、スケートの羽生君は、このオリンピック日本勢初の金メダル。ちょうど荒川静香さんの時と似ているかな?
期待されると重圧に押しつぶされる日本人選手が多い中、彼の精神力には本当に頭が下がる。


藤井君にはまだまだこれから試練が待っているだろうし、羽生君も追われる立場だ。
二人とも自分をしっかり持っているから大丈夫だと思うが、周りが潰すようなことだけはしてもらいたくない。


今日(17日)は午後の電話待ちがさっさと済んだので、13時半からテレビの前にいた。15時前まで、ほぼぶっ通しで観ていた。
狩衣を模した衣装も、素敵だったな。

羽生がカナダで一緒に練習するハビエル・フェルナンデスの演技の時、日本の応援団が日の丸を下げてスペイン旗を掲げていたというのも、いい話だったと思う。
フェエルなんですの笑顔は、本当に素敵だ。


| | コメント (0)

2018.02.17

【僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう】

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう

僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう山中伸弥・羽生善治・是枝裕和・山極壽一・永田和宏 著
税込価格: 756円
出版 : 文藝春秋
ISBN : 978-4-16-661118-8
発行年月 : 2017/02/17
利用対象 : 一般

どんな偉大な人にも、悩み、失敗を重ねた挫折の時があった。彼らの背中を押してチャレンジさせたものは何だったのか。山中伸弥、羽生善治らの講演と対談を収録する。京都産業大学の講演会を書籍化。【「TRC MARC」の商品解説】

京都産業大学五十周年行事として、学生たちに先人が送る話。
4人の方それぞれ、お話しも永田先生との対談も面白かった。

永田先生は歌人であり、河野裕子さんの夫である。一方で大學の先生でいらっしゃるというのは、実は本書を読む少し前に知ったのだった。

永田先生は、現代の若者が「誰かに憧れる」といったことが少なくなったような気がすると仰る。偉い人たちは多くいるが、そのような存在は自分たちとは縁がないと思っているのではないか。
そうではなく、あんな偉い人でも、なんだ自分と同じじゃないかということを感じとってほしいというのが、この周年行事での「マイ・チャレンジ」という企画の意図であるというのだ。


本書が出版された頃は、まだ山中先生は昨今の苦境に陥ってはおられなかったし、羽生さんと藤井君の対戦はまだ先だと思われていた。


山中先生がアメリカと日本の違いについて語られたところは、特に印象的だった。
日本では、こんな風に有能な人を潰していくんだな。

山中先生は、20歳前後は何にも代えられない宝物みたいな時間だと仰る。何もしないのだけは、やめてほしい。どんなことでもいいから、「あのときはこんなことに夢中になっていたな」というのあったなら、それでうまく行こうが行くまいが、絶対自分自身の成長につながっていくと。
ご自身は、ラグビーに打ち込んでいらっしゃったようだ。

一方羽生さんは、中学生棋士として早くから注目されてきた。対戦を終えて早朝帰るとき、これから通学・出勤する人たちと反対を向いて帰るのが寂しかったとも。

また違う話では、迷子になりながら何とか目的地にたどり着く楽しみについても語っておられた。

そして、将棋は多分に日本的な歴史・文化を含んでいるので、言葉と密接な関係があるのではとも仰っていた。
許された範囲(テニスではコートから出てもいけないしネットに引っかかってしまってもいけない、コートに入りきる力)のロジック、形の美しさについてなど、愉しい話だった。


次の是枝氏と山際総長のお話も、それぞれ面白かった。
『だれも知らない』と『そして父になる』は、絶対見よう!


僕たちが何者でもなかった頃の話をしよう
Kindle版価格:750円


| | コメント (0)

2018.02.16

桑原武夫【一日一言】

一日一言

一日一言桑原 武夫 編
税込価格: 821円
出版 : 岩波書店
ISBN : 4-00-415083-3
発行年月 : 1956/12/10
利用対象 : 一般

古い本を整理していて、黄ばんでいるので処分することにした本。
しかしその前に、パラパラと読んでみる。


驚くべき殊に、本書はまだ売られているのだ。嬉しくなる。
高校に入ったとき、社会の時間に使っていた。授業の時に、その日の一言を読むことから始まった。
キリッとした、いい先生だった。

ちなみに本書で好きなところは、
4月13日の「石川啄木」

見よ、今日も、かの蒼空に
飛行機の高く飛べるを。
の詩が印象的だった。

10月16日には、阿修羅像の紹介がある。
高校時代には、結構阿修羅像にはまっていたなぁ。

今回処分しようとしたのは当時のものではなく、その後買い求めた一冊だ。


断捨離のための処分だが、やはりまた購入しよう!


一日一言
1956年12月10日第1刷発行
1984年6月20日第41刷発行

| | コメント (0)

«ブログにアップする写真のこと