2020.11.27

アガサ・クリスティ【愛国殺人】

Photo_20201115110801

著者:アガサ・クリスティ
価格:880円
カテゴリ:一般
発行年月:2004.6
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:4-15-130019-8

歯医者での治療を終えてひと息ついたポアロの許に、当の歯医者が自殺したとの電話が入った。なんの悩みもなさそうな彼に、自殺の徴候などなかった。これは巧妙に仕掛けられた殺人なのか?

マザー・グースの歌は、クリスティアがよく使うテーマだ。
歌のそれぞれの節が、各章の見出しになっている。

ポワロが通っている歯医者が自殺した。
だれもが、彼が自殺するはずがないという。
しかし調べた結果、薬の調合を間違えた彼が、自責の念に駆られて自殺したと判断したジャップは、捜査を打ち切る。

納得いかないポワロはある人物を訪ね、きな臭い話を聞く。

だがこれがミスリードで、タイトルさえも欺いていた。

国家存亡の危機に関する事件と思いきや、全くの個人的な話だった。
冒頭近く、ポワロが靴にこだわるのが何かあるなと思ったのは当たっていた。

本書では、4人の男女が殺される。そのうちにはかなり危ない人物もいた。
「適所にいる適材」であるとポワロが評した人物は、彼らの死に対して冷たい。
犠牲になった歯医者に対しては同情すると言うが、しかし「歯医者は他にもいる」と言い放つ。

それに対するポワロの言葉がいい。

私にとってはこの四人の人々の生命も、あなたの命とまったく同じほどに大切なものだったのです

ポワロ自身、間違って逮捕されたくずのような人間が絞首刑になってもいいと思わないでもなかった。だが、

私のたずさわっているのは自分の命を他人から奪われない、という権利をもっている個々の人間に関することです

とも言うのだ。

 

| | コメント (0)

2020.11.26

ドラマ【刑事コロンボ 第三十四話 仮面の男】

20191127-142038

前回外交官特権が相手だったが、今回はなんとCIA!

冒頭、被害者になるジェロニモがホテルの投宿して、上着を脱ぐ。
その時上着の下に装着していたものが何か、最初解らなかった。

これが、殺されたときに「犯人が上着を脱がした」原因なのだったが、コロンボも上着の件では悩んでいる。

ネルソンブレナーの家が、これまでにないほど超豪華。

これまでも犯人の家は殆ど豪邸だったが、今回は群を抜く豪華さ。
CIAという裏の顔があったにせよ、こんな家に住めることがおかしくないか。
当然、なにかしら他の収入があるからだろう、と普段から判らないのかな?
犯人役の方は、【祝砲の挽歌】にも出ていらっしゃった。
あの時は大いに同情したものだが、今回はいただけない。
ネルソン・ブレナーの声は、佐野浅夫さん。
喋っているネルソンが、佐野さんに見えてきた。

| | コメント (0)

2020.11.25

エリザベス・L・クライン【シンプルなクローゼットが地球を救う】

Photo_20200928140101

ファッション革命実践ガイド
著者:エリザベス・L・クライン,翻訳: 加藤 輝美
価格:1,980円
カテゴリ:一般
発売日:2020/06/25
出版社: 春秋社
利用対象:一般
ISBN:978-4-393-33376-1

「ファストファッション」で衣類の大量生産・廃棄の現状を取材した著者が、必要な服だけ残す方法、リセールや修理のコツから、社会的アクションまでを具体的に伝授する。【「TRC MARC」の商品解説】

この「社会的アクション」の部分が、著者が本当に言いたいことなのかもしれない。

しかし「服の断捨離」に悩んでいる身としては、理念よりは実践方法の方がもっと知りたかった。
(実際にはより理想的なその方法の伝授ではあるのだが)

どうもまだ、女性誌によくある「着回し」とか工夫にとらわれている。
もっと思い切った決断が必要なのはわかっているのだが、気力体力が伴わない。

 

| | コメント (0)

2020.11.24

「折々のことば」2000回 広場やカフェのように

20111126-121016

「折々のことば」2000回 広場やカフェのように 歴史学者・藤原辰史さん×哲学者・鷲田清一さん

この欄で見つけて、【大家さんとぼく】を読んだのだった。

こんな風な思いで毎日綴っていらっしゃるとは、知らなかった。

「ネタ帳」(?)にびっしり書かれた「ことば」。
これに似たことは本を読んでいて時々するが、自分だけの「折々のことば」を作るというのもありかな。

 

9年前の画像だが、はて、ここはどこだろう?同じ日の次の写真は夕食のようだが。

 

| | コメント (0)

2020.11.23

原田マハ【さいはての彼女】

Photo_20201113090901

【さいはての彼女】
著者:原田マハ
価格:572円
カテゴリ:一般
発売日:2013/01/25
出版社: KADOKAWA
レーベル: 角川文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-04-100642-9

敏腕若手女性社長、涼香。失恋と社内の内紛でくたくたになり、失意のまま出かけた沖縄でのヴァカンスは、行き先違いでなぜか女満別!? だが予想外の出会いが心を解きほぐしていき…。【「TRC MARC」の商品解説】

カバー絵は、「さいはて」を走る「さいはて」と「彼女」だろう。

表題作【さいはての彼女】の「さいはて」は、文字通り「さいはての土地」と、「さいはて」というバイクの名前とを掛けているのか?

「敏腕」って、どういう意味があるのだろう?

その彼女「凪」が、非常にいい感じで描かれている。
彼女こそが、本当の「敏腕」ではないか。

次の【旅行に行けなかった友人と、母親への手紙 】は、続きかと思ったらまったく別の話だった。

 

【冬空のクレーン】は、北の国の「クレーン」すなわち丹頂鶴と、大東京の空を突く「クレーン」の話。
あの建てかけのビルの一番上で働いている「クレーン」が、鶴から来ているとは、当たり前のことなのに考えたこともなかった。
そう言われれば、折り紙の鶴の形に似ている。

これも、キャリアを大切にひたすら生きてきたアラサーが、職場で挫折して北国を訪れる話。
会社の中の重要な人物だと自負していても、それは「歯車」どころか歯車を止めている「小さなネジ」の一つでしかないのだった。換えはいくらでもある。

そこに至ってもなお、やはり東京へ帰っていくのか。帰るしかないのか。
違う人生なんて、そうそう転がっているわけではないから。

 

【風を止めないで】では、再び凪が登場する。
今度は、彼女の母親の話。

凪が夏のツアーに出かけてしまったあと、一人亡くなった夫のことを想っている。
そこへ来客。
東京の広告会社の人で、凪をキャンペーンガールに使いたいという。
障害を売り物にするのではと危惧した彼女は、独断で断る。
しかし帰途、凪の勤める会社へ一緒に行って、単車の話で盛り上がる。
あげく、おそくまで飲み会になって、彼を泊めてしまう。

しかしその彼は、亡くなっていたと聞いて衝撃を受ける。
実際には、亡くなったバイク好きの兄が登場していたのだが……。

あり得ないような話だが、ちょっと泣かせる。
凪が出かけていたのは、【さいはての彼女】で描かれた場所だった。

冒頭と最後が、キチッとつながった。

 

一つ一つが面白いので、出来れば後日談も知りたいものだ。
とは言っても、同じような話が続くとうんざりかもしれない。

【旅行に行けなかった友人と、母親への手紙】は、【ハグとナガラ】という二人を主人公にした短編集にも収められている。

 

| | コメント (0)

2020.11.22

視覚障害者に捧げた人生 飲酒運転の犠牲に

20121127-110835_20201122092001

視覚障害者に捧げた人生 飲酒運転の犠牲に

朝日が取り上げてくれていた。

あらためて、悔しい思いが湧き上がってくる。

 

| | コメント (0)

名探偵ポワロ(32)「雲をつかむ死」

20151126-121734_20201121075401

またまた、原作と随分違う設定。

乗客は11人から7人に減っており、座席も4列ではなく3列。
もっとも違うのはジェーン・グレイで、美容院に勤務している乗客ではなくスチュワーデスになっている。
原作では、スチュワーデスではなくセカンド・スチュアート(男性)なのだが。

マダム・ジゼルは、結構美人だ。

また、ジゼルの娘は実は……、というのは難しいだろうなと思う。だが知ってて見ているから「髪の色を変えたり服装や化粧でうまく違うように見せているな」と判るけれど、何も知らずに見ていたら同一人物だとは気づかないだろう。
イギリスの方なら、俳優をしっていて判るかも、だが。

また、冒頭の全仏の試合などまったくドラマの創作。短い時間の放映なのに、結構時間をつぶしている。

この時代、汽車でロンドン・パリ間を移動という方法もあって、フェリーを使うのだろうか?
それでは、なぜポワロは汽車で移動しなかったのだろう?
なんてこと言ったら、物語が成立しない。

気の毒だったのが、フランス警察のフルニエ。ジャップに偉そうにされて、かなりお怒りの様子だった。

映像で見ると、景色や建物。それに女性の衣装など、楽しい。

 

| | コメント (0)

2020.11.21

アガサ・クリスティ【雲をつかむ死】

Photo_20201113091601

著者:アガサ・クリスティ
価格:1,210円
カテゴリ:一般
発売日:2020/06/18
出版社: 早川書房
レーベル: クリスティー文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-15-131010-2

英仏間を飛ぶ飛行機内で、老婦人の変死体が発見された。その首には蜂に刺されたような傷があったが、偶然乗り合わせたポアロは、床から人工の毒針を拾い上げ…。【「TRC MARC」の商品解説】より

飛行機の中で飛ぶ蜂のことは、覚えている。これが事件とどう関係していたのだったっけ?

なぜ被害者は、その飛行機に乗ったのか?
メイドが電話予約したとき、航空会社はいつも使っている朝の便は満席だと言った。
ここで、すこしおかしいなと思ったのが当たっていた。
本の最初の方のページに、飛行機の座席と乗っている人たちが描かれている。
半分近くが空いている。それから見ても、朝の便が満席とは思えなかったからだ。

ポワロが調べ始めて、あちこちで登場するアメリカ人。
はたして本当はだれなのか?

ずっと気になっていたことの一つに、元女優のメイドのことがある。
彼女は最初の方で、女優に化粧箱を持ってくる。

そしてそれは、証明された。

ジェーンがうまく立ち直れるように、ポワロは粋な計らいをしたものだ。

 

ポワロは、船と同じように飛行機も駄目なようだ。
車での移動でも、ヘイスティングズの運転にヒヤヒヤしているが。

 

| | コメント (0)

2020.11.20

大阪は大丈夫なの?

20161119-101101

ハロウィーンから2週間ちょっと。
危惧された通りの結果になっている。

大阪市内の雑居ビルの居酒屋なんて、以前と同じくらいの混みようだとか。
「GoTOなんとか」効果(?)の出すぎでは?

今週から、当市の発表も、府の方法を取り入れるようになった。
より見にくくなっている。

いつになったら、平常にもどるのだろう?

 

あーあ、紅葉狩りに行きたいなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.11.19

小湊悠貴【ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人3】

Photo_20201031221101

著者:小湊悠貴
価格:649円
カテゴリ:一般
発売日:2020/10/21
出版社: 集英社
レーベル: 集英社オレンジ文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-08-680345-8

秋冬の繁忙期を迎えようとするホテル猫番館。パン職人の紗良は販売用の新作パンのアイディアを練っていたが、なかなかうまくいかない。そんなある日、「自分は紗良よりもパン職人としての実力がある」という人物が現れて…。【「TRC MARC」の商品解説】

冒頭【ことのはじまり】は、専門学校時代の恩師がパン屋を開店したと聞いて訪れた、初めての登場人物秋葉洋平からはじまる。
偶然沙羅も来ていて、なぜか洋平は沙羅に見つからないようにするのだった。

なにか、曰くがありそう。
そして、一波乱ありそう。

 

【パン職人とパン職人】

その専門学校の同窓会。
監事は洋平で、沙羅につっけんどんに接する。

そして、早くも波乱が……。

秋葉が、「厨房助手募集」を見てやってきたのだ。
しかも、自分と紗良の腕を見て今後のパン職人を決めてほしいと。

当然断るかと思った天宮が、アルバイトとして雇うと言う。
絶望的になった紗良だが、そこは天性の素直さで秋葉に接する。
一方秋葉は、そんな彼女の接し方にいらつきつつ、次第に心を開いていく。

しかし、「いい子」すぎるよ>紗良。でもそれが嫌な感じでないのがいいのかな。
こういうのが、本当の「育ちの良さ」なのだろう。
それでも、自分のやりたいことはやり通す筋の強さも持っている。

 

天宮が札幌の娘に会いに行って留守になる三日間を、残ったメンバーで乗り切れるか。
【乙女たちのお茶会】は、スイートルームに泊まった老女二人の物語。
90歳近い彼女たちの一人がお誕生日に自分に振る舞うホテル滞在。
学生の頃はそうでもなかったのが、還暦を過ぎてから親しくなった友人とのステイだ。

いつまで経っても「乙女」である彼女たちが、優雅に過ごしたアフタヌーンティー。

このホテルのスイートに、一度は泊まってみたいものだ。

 

【ホテリエの流儀】は、同じホテル従業員が猫番館のおもてなしを偵察(?)に来る。

ハプニングへの対応の素晴らしさに、すっかり満足して帰ることが出来た。
今はホテルマンとは言わずに、ホテリエというのだそうな。


彼女が務めているホテル(あるいはその近くのホテル)に、泊まったことがある。
関内駅から横浜スタジアムを眺めながら歩いて到着したホテル。中華街にも近かった。

残念ながら、特に印象には残っていない。

 

そして最後の【聖夜の魔術師】で、このシリーズも終わる。

紗良と要がもう少し近づくかなと期待したのだが、余韻を持たせてのラストだった。

 

| | コメント (0)

«ドラマ【刑事コロンボ 第三十三話 ハッサン・サラーの反逆】