2020.04.02

『旅と鉄道』編集部【日帰り鉄道さんぽ 関西版】

Photo_20200311215201 『旅と鉄道』編集部 (編)
価格:1,650円
カテゴリ:一般
発売日:2019/11/16
出版社: 天夢人
利用対象:一般
ISBN:978-4-635-82204-6

列車に乗って鉄旅さんぽに出かけよう! 大阪、京都、奈良、兵庫、和歌山、滋賀の日帰りで行く鉄道旅を紹介。おさんぽMAP、予算等も掲載。『旅と鉄道』掲載等を再編集。データ:2019年10月現在。【「TRC MARC」の商品解説】

大阪を始め、京都、奈良、兵庫、和歌山、滋賀の2府4県関西の散歩コース19紹介。

叡山電車で行く食いだおれコース、高野山ケーブルカーや、人気の観光列車「丹後あかまつ号」に乗って海や山の絶景を楽しむコース、京阪京津線で日本最古の鉄道山岳トンネルである旧逢坂山隧道をめぐる廃線めぐりコースなど、関西の人気スポットを多数掲載。
また、かばんに入りやすいサイズですので持ち歩きにもおすすめです。

「令和元年の秋は、この本を片手に列車に乗って散歩に出かけてみませんか?」とあるが、いつになったら自由に動き回れるようになるのだろう。

 

| | コメント (0)

2020.04.01

3月の読書メーターまとめ

3月の読書メーター
読んだ本の数:16
読んだページ数:4648
ナイス数:1187

幸福な食卓 (講談社文庫)幸福な食卓 (講談社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-7b2b2b.html
読了日:03月31日 著者:瀬尾 まいこ
悪いうさぎ (文春文庫)悪いうさぎ (文春文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-236ff9.html
読了日:03月27日 著者:若竹 七海
小説 言の葉の庭 (角川文庫)小説 言の葉の庭 (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-75881d.html
読了日:03月26日 著者:新海 誠
紙屋ふじさき記念館 麻の葉のカード (角川文庫)紙屋ふじさき記念館 麻の葉のカード (角川文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-4dc9d5.html
読了日:03月22日 著者:ほしお さなえ
電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集電子書籍限定版 宮部みゆき よりすぐり短篇集感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-e1dbe5.html
読了日:03月20日 著者:宮部みゆき
東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて (光文社文庫)東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-076a6f.html
読了日:03月18日 著者:成田 名璃子
四万人の目撃者 (光文社文庫)四万人の目撃者 (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-529923.html
読了日:03月16日 著者:有馬 頼義
わたしらしさを知る マイノートのつくりかたわたしらしさを知る マイノートのつくりかた感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-50efd8.html
読了日:03月15日 著者:Emi
わたしがラクするモノ選びわたしがラクするモノ選び感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-667c3f.html
読了日:03月13日 著者:Emi
わたしがラクする服選び (OURHOME)わたしがラクする服選び (OURHOME)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-94d9a4.html
読了日:03月12日 著者:Emi
ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)
読了日:03月10日 著者:近藤 史恵
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-495ec7.html
読了日:03月08日 著者:成田 名璃子
まぼろしのパン屋 (徳間文庫)まぼろしのパン屋 (徳間文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-548b1e.html
読了日:03月07日 著者:松宮 宏
カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス)カナダ金貨の謎 (講談社ノベルス)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-5d6f81.html
読了日:03月06日 著者:有栖川 有栖
東京すみっこごはん (光文社文庫)東京すみっこごはん (光文社文庫)感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-fdb1e2.html
読了日:03月03日 著者:成田 名璃子
日本のことわざを心に刻む―処世術が身につく言い伝え―日本のことわざを心に刻む―処世術が身につく言い伝え―感想
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/03/post-ba05f6.html
読了日:03月01日 著者:岩男 忠幸

読書メーター

 

| | コメント (0)

長崎駅

Photo_20200329165101

長崎へ行ったのは、「あかつき」のラストランのある年だった。
1月だったので、寒かったなぁ。

長崎駅の地上駅がなくなった。

こういう景色がなくなるのは寂しいなぁ。

 

| | コメント (0)

2020.03.31

瀬尾まいこ【幸福な食卓】

Photo_20200326215301

著者:瀬尾まいこ
価格:682円
カテゴリ:一般
発売日:2007/06/15
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-275650-1

佐和子の家族はちょっとヘン。父を辞めると宣言した父、家出中なのに料理を届けに来る母、元天才児の兄。そして佐和子には、心の中で次第にその存在が大きくなるボーイフレンド大浦君がいて…。【「BOOK」データベースの商品解説】

再読 今度は電書で

表題作【幸福な朝食】は、ちょっと変わった一家の様子を紹介。

【バイブル】では、塾に通うようになった佐和子が、別の中学の生徒と知り合う。

【救世主】では、無事かの生徒大浦君と一緒の高校へ進んだ佐和子、初の試練。
その救世主は、大浦君だった。 

 

【プレゼントの効用】では、その大浦君との、突然の別れ。

何をすることも出来ず、ひたすら悲しんでいる佐和子。

そして、家族もまた……。

再読なので、前回兄の「直ちゃんの作る料理が美味しそう」と書いていたが、今読んでみると普通の料理だった。

ちょっと作ってみたいもの

・生クリーム蕎麦:蕎麦と白ネギを炒める+醤油・生クリーム → 母親の家で

・半熟卵とほうれん草とベーコンのサラダ

関連記事

瀬尾まいこ【幸福な食卓】(07.07.18)

 

| | コメント (0)

外出自粛と、3月の検索語

5e6766d92300003d15dde5c9

何故かオリンピックの延期とともに急増している感染者数。
アマビエさまの絵を眺めて、収束を祈るのみ。

「メモ帳」が保存できなくなって焦る(15.04.02)

都筑道夫【退職刑事3】(19.08.07)
料理研究家の大原照子さん死去(15.02.02)
ほぼ日手帳の使い方(18.01.08)

内田康夫【佐渡伝説殺人事件】(08.12.19)
東野圭吾【魔球】(08.05.12)

村井理子【村井さんちのぎゅうぎゅう焼き】(15.12.28)
糸井重里【言いまつがい】(05.06.22)

 

トイレットペーパー騒動と、2月の検索語

 

| | コメント (0)

2020.03.30

正しい敬語ドリル

20200324-140748

Twitterで「正しい敬語ドリル」なるものをしてみた。

雑誌クロワッサンのために「企業研修講師」なる方が考案したというもの。

過剰な尊敬語は使わない。正しい謙譲語を知っている。「もの」に敬語を使わない。
あたりが判っていれば、「レベル高すぎ……!」というほどのものではない。

Twitterから流れてくる知人の回答も、みんな全問正解だった。

最近嫌なのが、「もの」につけている敬語かな。非常に気持ち悪い。 

 

| | コメント (0)

2020.03.29

成田名璃子【東京すみっこごはん 4】

Photo_20200328104801 著者:成田名璃子
価格:660円
カテゴリ:一般
発売日:2018/09/11
出版社: 光文社
レーベル: 光文社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-77714-2

天井の雨漏りをきっかけに、共同台所「すみっこごはん」の2階に足を踏み入れた常連たち。そこで見つけたノートの中身とは。さらに、読者モデル、修行中の料理人、そして誰もが思いがけなかった人がやってきて…。【「TRC MARC」の商品解説】

巻を重ねると、ますます登場人物が多くなってくる。
今回は三つのお話しで、その分一つが長い。

【安らぎのクリームコロッケ】

派遣の仕事をしながら、読者モデルもしている瑠衣の話。
今回、瑠衣がすみっこごはんに入るまでが長かった。

同じ読者モデルをしている二人とは、育った環境も今の暮らしもまったく違う。
彼女らに合わせるため、瑠衣はかなり無理をしている。

そんな中すみっこごはんで知った楓は、自分と同じ境遇かなと思ったのだったが……。

これまでにないような、マイナー指向の女性が語り手だった。

【SUKIYAKI】

今度は中学生登場。

冒頭作とは違った意味で、かなり厳しい環境にいる。
だが彼と母は、お互いに気を遣い合って、厳しいながらも生きている。

母親の話し言葉に少々違和感があったのだが、そうか、こういう物言いをする子たちが、もう中学生の母親世代なのだ。

柿本が、いい味を出している。

タイトルが[SUKIYAKI]であるわけが、最後に分かった。
「思い出す 春の日 ひとりぼっちの夜]だから。

 

【楓の味噌汁】

これが出てきたということは、シリーズも最後なのだろうか?

結局あの中学生は再登場せず。彼のゆく方が気になる。

もうちょっと、希望が持てる終わり方をしてほしかった。

 

 

| | コメント (0)

2020.03.28

マルチボールペン

Zoom-l104

トンボ鉛筆の「多機能ペン 2色+シャープ ZOOM L104 シルバー CLB-131A」というのを買った。


本体の銀色がおしゃれで、軸は細身でスマート。
持ち歩きように、ちょうどいい。

画像は、購入先の「信頼文具舗」さんからお借りしました。

 

| | コメント (0)

2020.03.27

若竹七海【悪いうさぎ】

Photo_20200324115801

著者:若竹七海
価格:858円
カテゴリ:一般
発売日:2004/07/09
出版社: 文芸春秋
レーベル: 文春文庫
利用対象:一般
ISBN:4-16-767916-7

女探偵・葉村晶は、家出中の女子高校生ミチルを連れ戻す仕事で怪我を負う。一ヶ月後、行方不明のミチルの友人・美和探しを依頼される。調査を進めると、他にも姿を消した少女がいた。【商品解説】

うさぎは悪くない。
悪いのは、狩人たちだ。

何とも、おぞましい話だった。あのエリートぶった歯科医の気持ち悪いこと。晶との電話のやりとりは痛快だった。

美和は父に裏切られ、母にも去られ、こういう結末を迎えてしまった。

同じく行方不明だったカナの義弟が、救いだ。

ただ、晶の周囲には結構いい人が多い。
探偵社所長の長谷川、オカマの大家。あと、警察関係者や探偵者の社員も。

 

ミチルはある意味両親を失い、親戚に引き取られていったが、無事に毎日を過ごせるのか。
こういう不器用な少女のことは、何故か気になる。

このシリーズ、もう少し読んでみよう。

 

| | コメント (0)

2020.03.26

【ガード下の靴磨き】

20111020-170015

♪あーかーい ゆうひがー ガードをーそめてー

宮城まり子さんが亡くなられた。

「ガード下の靴磨き」は、小さい頃、よくラジオから流れていた。

♪かわいそーだよ おつきさんー
なんでこのよのしあわせはー
あーあーあーあー みんなそっぽをむーくうんだーろー

小さい頃から吉本に出ておられたとは、今wikipediaで知った。

宮城さんは、あの可愛い歌声からは想像できないほど、パワフルな方だったのだと思う。
作家吉行淳之介氏とのことも、そういうお付き合いもあるのだと思った最初の方ではなかったか。

晩年の「ねむの木学園」のことは、割合最近テレビで見た。

ちょうど100歳でお亡くなりになった。
どうぞ安らかにおねむりください!

 

| | コメント (0)

«新海誠【小説 言の葉の庭】