2019.02.18

ICカードで障害者運賃を割引

H1

ICカードで障害者運賃を割引 鉄道やバス利用

スルッと関西では、既に導入している。(上記画像)

案内ページでは、具体的な使用方法も提示。

ではあるが、実際に使っている方の話だと、かなり使いにくいとか。又、上記画像のように、デザインもイマイチ。
普通のPITAPAカードに、文字だけ判るようにすればいいのでは?

まだまだ、利用者目線ではないということかな。


| | コメント (0)

2019.02.17

金田達也・三条和都【羽生善治】

羽生善治小学館版 学習まんが人物館

羽生善治金田 達也 (まんが),三条 和都 (原作),羽生 善治 (監修)
税込価格: 1,026円
出版 : 小学館
ISBN :978-4-09-270132-8
発行年月 : 2019/01/11
利用対象 : 小学生

長い将棋の歴史の中で初めて七大タイトルを同時に制覇し、「永世七冠」に輝いたプロ棋士・羽生善治の、生い立ちから今日までを追うまんが評伝。【「TRC MARC」の商品解説】より

オールラウンドに、羽生さんとその周辺を紹介している。

利用対象は「小学生」とあるが、にわかファンにも充分面白かった。
言葉や将棋独特の言い方などには、解説がついている。

ま、将棋関係の記事など読むようになったので、ある程度は知っていることもあるが。


画は、「小学館学習まんが」の範囲を出ていない。
畠田理恵さんの絵には、少々ビックリ。


折しも、
藤井七段、史上2人目の朝日杯連覇 渡辺棋王を破る
のニュースが。

史上2人目とあるが、1人目でしかも過去5回優勝したのが、羽生さんである。


羽生善治
Kindle版価格:918円

| | コメント (0)

2019.02.16

全国「マイカタちゃいます、」分布図、いったん完成!

20140216_124726

「枚方」読めます、全国で6割 市担当者「ギリギリ合格」

6割もの方が、ちゃんと「ひらかた」と読めた。
と、評価してよいのだろう。

詳細な分析は、↓で。

全国「マイカタちゃいます、」分布図、いったん完成!

それにしても、芸能人の威力はスゴいな。
岡田准一さんが「ひらパー」の園長を「延長」して下さっているおかげ!

今度「燃えよ剣」で演じられる役が、「枚方歳三」だと書いているところもあった。


| | コメント (0)

2019.02.15

藤岡陽子【手のひらの音符】

手のひらの音符

手のひらの音符藤岡 陽子 著
税込価格: 680円
出版 : 新潮社
ISBN : 978-4-10-120561-8
発行年月 : 2008.9
利用対象 : 一般

45歳独身のデザイナー・水樹は、自社が服飾業から撤退することを知らされる。途方に暮れる水樹のもとに、恩師の入院を知らせる電話が。【「TRC MARC」の商品解説】より

本書も、現在と過去を行き来する。
京都の団地で、小・中・高と過ごした水樹。

自分の対象を見つめる目を封印していたのだが、それを目覚めさせてくれたのが、高校時代の恩師遠子先生だった。
そのアドバイスでデザイナーになったのだったが……。


幼なじみの信也一家は、高校卒業後行方が判らない。

運命は、信也たちに過酷な試練を与えていた。
父の死に続いて、優しくて、強い、長兄正浩の死。
水樹にとって、父母の死よりも堪えた。


上京した水樹はデザイン学校を出て、服飾のデザイナーになった。
その会社がバブルで行き詰まったとき、京都で中高と一緒だった憲吾から、恩師の病気を知らされる。
憲吾は帰国子女だったが京大へスッと進み、今では京都市役所に勤めている。


憲吾や遠子先生との再会が、水樹に新しい生き方を教えてくれたのかもしれない。


信也の弟悠人のこと。
今でこそ少しは理解が得られるようになった発達障害の悠人は、今では大学院を出て研究職に就いている。


バブルがはじけた頃に育って、その影響をまともに受けた子どもたちの暮らし。

いったい、バブルって、何だったんだろう?


最後は希望の持てる終わり方で、よかった。
「手のひらの音符」って、何を指すのかな?


カバー絵で水樹が音楽の指揮をしているが、左腕にはまち針の針山を括り付けているようなのが、面白い。


手のひらの音符
Kindle版価格:630円


| | コメント (0)

2019.02.14

芥川賞発表日に表彰、噂の「新井賞」

20140216_160544

芥川賞発表日に表彰、噂の「新井賞」 売り上げにも貢献

こういうの、楽しいな。


もう一つ、こちら(↓)の記事も楽しい。

無人・本…と検索し会った店主 「口だけなら簡単」

自分ちのガレージでも出来そうな?!


誰かが病気になったとき、それがアスリートだった場合。
本当に快癒を願ったコメントもあるが、自分たちのことしか考えられない輩も多いのは、いつものことか。

一番辛いのは誰か、まったく想像が及ばないのだろうな。


| | コメント (0)

2019.02.13

相沢沙呼【雨の降る日は学校に行かない】

雨の降る日は学校に行かない

雨の降る日は学校に行かない相沢 沙呼 著
税込価格: 562円
出版 : 集英社
ISBN : 978-4-08-745553-3
発行年月 : 2017/03/17
利用対象 : 一般

スクールカースト、保健室登校…学校生活に息苦しさを感じる女子中学生たちの揺れ動く心を綴った連作短編集。劇的なハッピーエンドではないが希望を感じさせる結末が共感を呼ぶ。(解説/春名風花)


【ねぇ、卵の殻が付いている】
一人の生徒を不登校に追い込むことは、彼女(又は彼)の将来への選択肢を奪うこと。勉強する権利を奪うことだ。

ナツは保健室登校生。
同じ学年のサエがやってくるようになってから、ひとりぼっちではなくなった。
だがそのサエが教室へ戻る時、何故か声をかけられなかったことを後悔している。


【スクールカースト】では、容姿のことが元でからかいの対象にされている真由の言葉が浸みる。
彼女は、傘を貸してくれた小学校からの同級生エリに、その傘を返せない。自分が声をかけることで、相手に迷惑をかけるのではと恐れている。
エリが自分の容姿を元にしたあだ名を付けた本人であることを、真由は知らない。
語り手であるエリは、やましさを感じながらも大勢側からはずれることが出来ない。

そのエリも、

 だって、どう考えたって、醜い生き物は、あたしたちの方だ。
と気づく。

そして次にグループから誘われたとき、真由との約束を守るために、誘いを断る勇気を持とうとする。というところで終わっている。
これには勇気がいるだろうな。どうするかな?


最終話、表題作の【雨の降る日は学校へ行かない】は、泣けてくる。
辛かっただろうな。

でも、この子が冒頭の【ねぇ、卵の殻が付いている】のサエであったことに、ホッとする。同時に、あのひどい教室へ帰って行ったんだと驚く。
その後のことは書かれていないが、ナツがサエに逢いに理科室へ赴くところがあったから、転校までの一時期をなんとか乗り切ったのだろう。

ゆで卵をうまく剥ける日が多くなるといいね。


雨の降る日は学校に行かない
Kindle版価格:518円


| | コメント (0)

2019.02.12

若者の「袋麺離れ」が顕著

Photo_2

若者の「袋麺離れ」が顕著 メーカーは販売減食い止めに必死

「袋麺」でも充分簡単調理だと思うが、鍋や食器の用意が要らないカップ麺の方が、より若者に人気なのだとか。
確かに、5食パックだと手が伸びにくいが、スーパーなら一食分でも売られているのではないか?

朝ドラではいよいよラーメン登場のようだけれど、「バサリと3分間」は魅力的だったなぁ。
それまでラーメンを家で食すということも、殆ど無かったような。

カップ麺が出始めた頃は、あまり美味しいとは言えず、それ以来のカップ麺嫌いが続いている。


| | コメント (0)

2019.02.11

「Amazonプライムの更新」を促すメールに要注意

20170214_095128

「Amazonプライムの更新」を促すメールに要注意

まさに、このメールが来た。
ただし記事にあるような

「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています」

というタイトルではなく、「無題」。

内容は、

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/02/10に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。

実際にAmazonの支払いにはAmazonカードを使っていないので、一瞬騙されそうになった。
しかしメールアドレスがAmazon用のものでないことと、昨年11月に更新したばかりだったので、変だなと思ってGoogle先生に伺ったところ、上記のような記事を見つけたのだった。

ちょっとした隙をつかれそうで、ますます警戒心を高める必要があるなぁ。


画像は、2年前の2月14日。東海道新幹線から近江平野を望んだところ。
今、外では道路がうっすらと白くなっている。


| | コメント (0)

2019.02.10

森絵都【永遠の出口】

永遠の出口

永遠の出口森 絵都 著
税込価格: 650円
出版 : 集英社
ISBN : 4-08-746011-8
発行年月 : 2006.2
利用対象 : 一般

「私は、“永遠”という響きにめっぽう弱い子供だった。」どこにでもいる普通の少女、紀子。小学三年から高校三年までの九年間を、七十年代、八十年代のエッセンスをちりばめて描いたベストセラー。【「BOOK」データベースの商品解説】より

小学4年生から高校3年生までネオ9年間のことが、9つの章に書かれている。

第一章 永遠の出口
第二章 黒い魔法とコッペパン
第三章 春のあなぼこ
第四章 DREAD RED WINE
第五章 遠い瞳
第六章 時の雨
第七章 放課後の巣
第八章 恋
第九章 卒業

「永遠」という響きに弱い子どもである紀子がクラスの誕生会を巡っての体験談、第一章【永遠の出口】。紀子は「永遠」を卒業したのか。
ほろ苦い後味の冒頭作。

第二章【黒い魔法とコッペパン】は、読んでいて胸が悪くなるような話だった。
しかし案外、コッペパンを焼くストーブで靴下を乾かしていたという事実は、効果があるのだなぁ。コッペパン焼きのことが出てきたとき、ふと何か綺麗でないものを載せたりすることはないのかなぁと思ったのだった。

その暗い5年生時が過ぎた6年生ではいいクラスだったようで、
第三章【春のあなぼこ】では、友だちと冒険する。

そして、やや不安を抱きつつ中学生になったのだったが。

ここで、紀子は一種のはしかにかかった。
ケジメを重んじる両親の、思わぬ法律違反。
それが引き金になったわけではないが、彼女はどんどん軌道をはずれていく。

一番難しい中二時代。

しかしそれも、何とか乗り越えたと思ったら、今度は父母の危機が。


第五章【時の雨】
時と雨で、「しぐれ」と読む。しかしここでは、時の雨がそれこそ「雨降って地固まる」役割を果たしてくれたのかな。


と読み進めてきたのだが、最後までこれが再読だということに気づかなかった。
最初に読んだときよりも、おそらく今回の方が色々と考えている。

8年前の感想はサラッとしたものだが、第二章など看過出来ないことも含んでいるような。


高校生になってからは、アルバイトで人生を学び、恋に破れ、地球が50億年後には太陽に飲み込まれてしまうと知って、仰天する。

 その……ぜんぶが終わるなら、永遠って、何一つ本当に、本当にないんだって……」

最後は、

 永遠の、限りないものに憧れる。
 でも、限りあるものほど、いとおしく思える。


関連記事
森絵都【永遠の出口】(10.09.27)


永遠の出口
Kindle版価格:450円


| | コメント (0)

2019.02.09

BASE PASTA

Base_pasta

「BASE PASTA」というものがあると、Twitterで流れてきた。
なんでも、完全食の主食だという。

パスタに栄養素を練り込み(?)、短時間茹でるだけ。
付録のソースをかけてもいいし、普通のソースでもよさそうだ。

色々調理しなくても、これだけで栄養的には満点なのだとか。


サイトに挙がっている評判は、「おいしい」と「まずい」の両方。そりゃそうだ。
「1ヶ月に20食」という体験談もあって、この方は間食をしなくなったとか。これはいい効果だ。

「お試しセット」というのがあったので、注文してみた。

付いてきた「トマトソース」で試してみる。
結果は!うーん、まずくはないが、特別美味しいとは思わない。モチッとしたパスタをどう思うか、だろう。
元々パスタ好きではないので、こういう感想になってしまうのかな。


これ、月に20食というのは、かなり厳しいかなぁ。でも、確かにお手軽で、魅力的ではある。


| | コメント (0)

«田中啓文【力士探偵シャーロック山】