2019.05.26

【笑う警官 】

Photo_33 価格:885円
カテゴリ:一般
発売日:2013/09/25
出版社: 角川書店
レーベル: 角川文庫
サイズ:15cm/397p
利用対象:一般
ISBN:978-4-04-101017-4

反米デモの夜、ストックホルムの市バスで8人が銃殺された。被害者の中には、拳銃を握りしめた殺人捜査課の刑事が。殺人捜査課主任捜査官マルティン・ベックは後輩の死に衝撃を受けた。【「TRC MARC」の商品解説】より

スエーデンの警察ものは初めてだ。
例によって、名前がなかなか覚えられない。

サブタイトルが「刑事マルティン・ベック」とあるので、シリーズものなのだろうか?

マルティン・ベックは、信頼している同僚と一緒に地道な捜査を始める。
ここしばらくは大きな事件もなく暇だったのに、殺された刑事ステンストルムは、同居していた恋人の話によると土曜日も忙しく仕事をしていたという。
彼は何故、拳銃を持ってバスに乗っていたのか?

 

捜査は遅々として進まない。
ステントストルムが何かを掴んでそれを追っていたことは確かなのだが。

 

マルティン・ベックは、笑わない。娘に、『パパは春から笑っていない』と言われてしまう。
その彼が笑う状況になりますように、と願いながら読んだ。

警察官はある程度それぞれについて把握できてくるが、容疑者の方はお手上げだ。29人もの容疑者を、警察はコツコツと調べていく。

終わりの方が物語も一気呵成に進んでいく。こちらも、一気に読んでしまう。
「刑事マルティン・ベック」はシリーズとして面白そうだが、さてどうしようか。

 

翻訳のまずさを指摘する声が多かった。確かに、よく知らないながらも銃の種類など、ちょっと変だなと思うところはあった。

それよりも、『しばらく立ってまた声がした。』というのを見て、日本語が堪能ではないのかなと意地悪なことを思ってしまった。

 

| | コメント (0)

2019.05.25

自助で寿命取り崩しを

自助で寿命取り崩しを 国が「人生70年」指針案

Twitterで流れてきたこの「記事」に、ドキッとする。
いよいよ、そんな時代になったのか!

だが見てみると、「虚構新聞」だった。
この「虚構新聞」は、いつもそれっぽい記事で笑わせてくれる。

しかしこの話、どっかで読んだぞ、と検索してみたが出てこない。確かに読んだのだが、タイトルも著者も思い出せない。
この辺が、電子本のネックというか、どうにも覚えていられないというマイナス点だな。
紙本なら、本棚のどの辺りといった記憶もあるのに。

 

カテゴリーを、「ニュース」に入れていいのだろうか?

 

| | コメント (0)

2019.05.24

大阪行き

20190524-095144_1 

一昨日、退院以来初めてバスに乗った。


ノンステップバスなのだが、これがなかなかくせ者なのだ。ステップが一つというのは、普通のバスのステップ二つに比べて、段差がかなりある。まずは昇るのに苦労した。


降りる際も、運転手によっては歩道際に付けてくれるのだが、今回は外れ。しんどかった。

 

大阪へ出てからも、地下鉄の階段に挑戦してみた。登り・降りとも何とか足を交互にして歩いたが、帰宅してからが結構大変だった。

もっと筋力を付ける必要があるということ。

 

今朝リハビリに行って、ご近所の奥さんと出会った。肩近くを三カ所骨折で、昨年入院なさっていたとか。今年に入っても尻餅をついて背骨の圧迫骨折で、今もリハビリ中とか。

これまで、一度も出会わなかったなぁ。
入院中は、リハビリ室に一日三度通っていたのに。

お隣の奥さんも庭で転んで骨折したあと、施設へ入られた。

だんだん、仕舞い支度が目の前に迫ってきた感じ。

 

| | コメント (0)

2019.05.23

俳優の杉葉子さん死去 「青い山脈」ヒロイン役 90歳

20190522-185721

俳優の杉葉子さん死去 「青い山脈」ヒロイン役 90歳

池辺良との共演映画をよく見たなぁ。
あまり美人だとは思わなかったが。

引退後の生活が潔く、たまにどうなさっているかなと思っていた。
映画会社は違ったが、香川京子さんや津島恵子さんとも同じような、憧れの大人のお姉さんといった感じだった。

 

| | コメント (0)

佐川光晴【おれたちの約束】

Photo_26

価格:540円
カテゴリ:一般
発売日:2016/05/20
出版社:集英社

    • レーベル:集英社文庫
      利用対象:一般
      ISBN:978-4-08-745442-0
父の逮捕から2年、高見陽介は高校進学を機に札幌の養護施設から仙台の寮に移った。【「TRC MARC」の商品解説】

「おれ」は仙台の高校へ進み、新しい環境に身を置くことになった。
今回も、周りはみんないい人で、「おれ」は恵まれていると思う。
いや、父親の犯罪さえなかったら、超進学校で満ち足りた生活をしていたことだろう。

しかし、著者は「おれ」に度々言わせている。その試練があったからこそ、おばさんや今の友だちにも巡り会えたと。

さてその「おれ」が学校側に一番気を配ってほしいこと。言わずもがな、父親のことを明らかにしてほしくないということだ。

順調な高校生活だが、若干の波風は立つ。

男子校で進学用の寮に入っている「おれ」には、入学時のテストが同じ2番だった中本や芸大を目指す菅野など、打ち解けることの出来る友人も出来た。
舎監であり担任でもある先生も、話せる人だ。

中本は生徒会の会長を目指しており、最初の難関が競争相手の立候補者だった。
その立ち会い演説会の最中、中本のスキャンダルがヒソヒソと流れる。
それを救うため「おれ」は、全一年生の前で自分の経歴をばらす。

次に立ちはだかったのが、中国からの留学生、周。学友と話しもせず、中本からの話しかけにも無視で応えている。
しかし彼も、囲碁を通じて間もなく仲良しになる。

ちょっと出来すぎの感はあるが、こうして迎えた秋の文化祭。

その最中、未曾有の地震が起き……。

 

関連記事
【おれのおばさん】(12/07.24)

【おれのおばさん】(19.05.20)再読

【おれたちの青空】(19.05.1)

 

 

| | コメント (0)

2019.05.22

「6万円の恩人」に再会

20190520-141513

「6万円の恩人」に再会 連絡先も聞かず帰省代渡す

これ、いい話だな。
三人とも、いい笑顔だ。

NHK朝ドラ、土曜除く週5に 働き方改革で来春から

背景に「働き方改革」があったとは。
「チコちゃん」で、CG担当者が10連休で休めるようにと、ネタを一つ減らしていた。

でも、まだまだ過酷な労働条件で働いている人は多い。
全ての人が、人間らしく生きられるようにと、切に願う。

 

| | コメント (0)

2019.05.21

本棚の無い家

20190520-155311

必要があって高級住宅を集めたようなカタログを見ていて、本の気配がない家が多いことに気づいたというTweetがあった。

いい家に住んでいても全然本を読まない人がいるということと、本だけは庶民でも一流のものが読めるということ。


これらのTweetに対して、「読んだら捨てる派」だから高級住宅を建てるとしても本は置かないという反論が来ていた。

 

昨今の断捨離ブームで、本はその対象の最たるものといっても過言では無い。
「捨てにくいもの」の筆頭でもあって、そことどう折り合いを付けるかというノウハウもまた出回っている。

 

随分以前だが、友人が新築したときに、書庫を別に設けたのが羨ましかった。

我が家でも家を建てたとき、二階に床補強して本棚を入れた。
担当者が他の人に、「とにかく本が多い家」といったことを仰っていたのが印象に残っている。

 

しかし年は過ぎ、本の処分に悩む昨今である。自分たち夫婦が良しとした本を、残った者が愛してくれるとは限らないから。
件の友人も、そろそろそんな悩みを持つ頃でないかな。


一度旧交を温めたくなった。つれあいが年賀状を止めようかと言ってるので、向こうから来るのを期待するしかない現状だから。

 

| | コメント (0)

2019.05.20

瀬尾まい子【春、戻る】

Photo_28 価格:555円

      • サイズ:16cm/215p
    • ISBN:978-4-08-745541-0
結婚を控えたさくらの前に、兄と名乗る謎の青年が現れた。明らかに年下の「お兄ちゃん」は、私の結婚にあれこれ口出しを始めて…。【「TRC MARC」の商品解説】より

この「お兄さん」という人、かなりイライラする。
さくらがもっとハッキリとしてくれればいいのに。それどころか、だんだん懐柔(?)されていってる様子だ。


確かに、人なつこくて高齢者には受けがいいのだろう。でも、こんな他人の暮らしの中に(精神面でも実際にも)無神経に入ってこられるのは、苦手だ。

 

ただ、だんだん「お兄ちゃん」の話を聞いていく中で、もしかしてさくらが封印している過去と関係あるのではと思わされるようになる。
このあたりが、著者の思うつぼなのだろうが。

そしてその通り、最後の結婚式には当時縁のあった方も来て下さって……。という展開になった。

 

さくらの婚約者山田さんという人が、実に見上げた「いい人」だ。お兄ちゃんとも、サラッと打ち解けている。
素のままで「いい人」だが、和菓子屋(お兄ちゃんは団子屋と呼ぶ)の仕事に誇りを持っていて、荻原浩【花のさくら通り】の守と似たところがある。

誰に対しても丁寧で、それがやや他人行儀な感もあるが。

 

さくらの封印していた過去は、著者の体験も少しは入っているかもしれないという気もした。

 

| | コメント (0)

2019.05.19

「きのう何食べた?」針ネズミTシャツに猛反響!

20130512-170101

「きのう何食べた?」針ネズミTシャツに猛反響!テレ東「商品化も検討中」

妄想の中のジルベールも面白かったが、航が登場したときはズッコケた。

そして、その話をやや露悪的にケンジにするシロさん。
実は小日向と食事をしたことを、一生懸命隠しているのだった。

 

【きのう何食べた?】第六話は、むしろシロさんの妄想で、自分がモテていると錯覚するのが気の毒だった。

この「針を持ったただのネズミ」のTシャツが、非常な反響を呼んでいるのだとか。
マジで商品化も検討されているようだ。
いや、買わないよ!

 

| | コメント (0)

2019.05.18

セブン、期限切れ迫る弁当にポイント

20180517-121825

セブン、期限切れ迫る弁当にポイント 秋から全国2万店

全ての商品ではなく、おにぎりや弁当、生麺といった消費期限が1日の「デイリー商品」を中心に500品目ほどらしい。
そのいわば値下げも、nanacoポイント付与という形で、nanacoを持っていない人には得点はない。

ローソンでは既に実施しているというが、表向きは6月からのようだ。
こちらも、Pontaへのポイント付与になる

期限切れ間近な商品の値下げは、スーパーなどではごく当たり前にされている。その日に消費する分には、何の問題もない。
コンビニのこの対応は、ちょっとだけ前進と言えようか。

 

| | コメント (0)

«本多孝好【WILL MOMENT】