2022.05.21

松本清張【偏狂者の系譜】

Photo_20220518114701

著者:松本清張
価格:704円
カテゴリ:一般
発売日:2007/03/24
出版社: 角川書店
レーベル: 角川文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-04-122761-9

昭和30年代短編集(3)。学問に打ち込み業績をあげながら、社会的評価を得られない研究者たちの情熱と怨念。

※本書は、昭和30~40年代作品群から、研究者たちの孤独をテーマに4作品を選び、新たなタイトルを付けたオリジナル文庫が底本です。

「笛壺」と「皿倉学説」は、よく似たような話だ。

どちらも一世を風靡した研究で名声を誇っていたが、女に溺れて破滅していった男を描く。
最初は、女から誘ってきた。どちらも醜女に近いが、当時はそれも魅力だった。
今はその女からもさげすまれ、一人孤独を託つ。

「皿倉学説」については、他の短編集にも収録されているようだ。

だが、この一篇に関しては、採銅の話というより、この論文を書いた皿倉の研究と、それを元にした採銅の「想像」とからなっている。
採銅は、その中に出てくる、皿倉の実験という言葉に引っかかった。
それは、皿倉の実験が猿を50匹使ったというものだった。

彼が講演中に、「サルの体重は?」という質問があり、それへの応えは「60キロ」だった。
60キロの猿?ということは……。これは実に恐ろしい想像になる。

採銅の引っかかりを、彼の元弟子を始め学会のものたちはいささかも気づいていない。
すべては彼の想像ではあるが、しかし戦争末期に実際に行われたものであったとすれば。採銅は断定してはいないが、想像の世界で実験をしてみる。結果、皿倉の結論が導き出されると思うのだった。

 

次の「粗い網版」は、特高警察官が密命を受けて、勢力を伸ばしつつある新興宗教団体を調べる話。

5・15事件と2・26事件とを示唆しながら、官慶が対象団体を追い詰めていくいわば手法が語られていく。
こちらも、ことが大きいだけに先の話よりもっと恐ろしい。

最後の「陸行き水行き」はどこかで読んだことがある。

 

| | コメント (0)

2022.05.20

段ボール用カッター

                            Photo_20220517165101

いつも段ボールの開梱には苦労していた。

多分Twitterで、段ボール用のカッターの紹介があった。

黒い方がスマートな気がしたが、元々大阪を発祥の地としている「オルファ(OLFA)」のカッターを使っていたから、こちらを選択。

これが実に使い勝手がいい。スーッと段ボールのテープを切っていく。

「オルファ(OLFA)」についてはいつぞや日曜朝のNHKで東大阪のものづくりで紹介していたような気がしていたが、典拠は見つからなかった。

現在、「黄色い二つの道具」が活躍している。

 

| | コメント (0)

2022.05.19

またも詐欺メール

20160519-110011

「駅ネット終了」のメールは相変わらず来るが、今度は「NHKプラスアップグレード」というメールが来た。

一見まともそうに見えるのだが、文章がどうもおかしい。日本語として違和感がある。

いつものように、Google先生に伺ってみる。

やっぱり、詐欺メールだった。気をつけよう!

 

画像は6年前、京都市内の某施設にて。

 

| | コメント (0)

2022.05.18

朱野帰子【対岸の家事】

Photo_20220218235701

著者:朱野帰子
価格:924円
カテゴリ:一般
発売日:2021/06/15
出版社: 講談社
レーベル: 講談社文庫
利用対象:一般
ISBN:978-4-06-523712-0


 終わりのない「仕事」と戦う人たちをめぐる、優しさと元気にあふれた傑作長編!

紫陽花の花が、しょっちゅう登場する。季節はいつも同じ時期ではないのに。

著者文庫版解説に、紫陽花のことが書いてあって、表紙絵をみると背景に紫陽花が咲いていた。
Kindleは白黒だから、あまりピント来ていなかった。

やはり霞が関官僚の中野は好きになれない。
こんなお役人ばかりだから、「少子化対策省(庁?)が出来たというだけでは、本書にあるような問題は解決しないのだ。

 

| | コメント (0)

2022.05.17

柳澤智子【住まいと暮らしのサイズダウン】

Photo_20220516134301

著者:柳澤智子
価格:1,078円
カテゴリ:一般
発売日:2021/10/21
出版社: マイナビ出版
利用対象:一般
ISBN:978-4-8399-7768-9

サイズダウンして暮らすってどういうこと?
いろんな「小さい暮らし方」を謳歌する、10の家族を訪ねました。

 

unlimittedなので読んでみた。

この手の本のいつもの手法で幾つかの例を挙げただけのもので、正直余り参考にならなかった。

最後の例の「トレーラーハウス」での暮らしは、おもしろかった。
移動するのではなく、敷地内に固定している。

こういう住まいはいいなぁとかねてから思っていた(但し自分には絶対出来ない)ことだったので、楽しそうだと感じたのだろう。

 

| | コメント (0)

2022.05.16

【純喫茶とパンの本】

Photo_20220515125401

編集:ムック
価格:1,329円
カテゴリ:一般
発売日:2019/06/24
出版社: 枻出版社
レーベル: エイムック
利用対象:一般
ISBN:978-4-7779-5556-5

現在、高級食パンブームが到来していますが、日本の食パンの歴史は喫茶店文化を抜きにしては語れません。

 

こういう本はKindleでは無理なので、iPadで読む。いや、眺める。

喫茶店とパン屋のコラボ。
どのお店も、いいパン屋さんに恵まれて、その店独自のトーストやサンドイッチを提供している。

おいしそう、行ってみたい。
でもそれが出来ないから、眺めているだけ。いわば「エア喫茶店」かな。

最後に「都築響一さんと考える素敵な喫茶店ってなんだろう?」で出てきた「ルノワール」には何度か行った。
在京の友人と仕事の打合せ(という名のおしゃべり会)で、高田馬場店はじめ何軒かに連れて行っていただいた。

なつかしいなぁ。

本書に戻って、それぞれの喫茶店をじっくり眺める。
その空間を想像し、つかの間の楽しみにする。

 

| | コメント (0)

2022.05.15

【清張鉄道1万3500キロ】読書中

Photo_20220515113001

【清張鉄道1万3500キロ】というのを見つけた。

紹介文には、

松本清張の小説を「乗り鉄」目線で徹底研究。作中の誰が最初にどの路線に乗ったのか、という「初乗り」から昭和の日本が見えてくる。

とある。

一番最初の【西郷札】から始まって、全部で何路線あるのだろう。

読み進めるのが楽しみである。

 

しかし表紙カバー絵にもある通り、清張はいつもタバコを吸っていたなぁ。

 

| | コメント (0)

2022.05.14

古典部シリーズ

Photo_20220513095001

米澤穂信の作品に、古典部シリーズというのがある。

最初に手を取ったのは【遠回りする雛】で、これですっかり虜になった。

そのあと次々とシリーズを読み進め、この部の4人が大好きになった。

なかでも名家の生まれで少し天然な千反田えるが、かわいい。頭もいいのだが、どこか抜けている。
しかし事件のきっかけをつかむのは、ほぼ彼女だ。

『わたし、気になります』というセリフから、あとの3人もそれに引き込まれていく。

最初に戻って【遠回りする雛】だが、名家の令嬢千反田えるが生きている雛になり、その従者のひとりが奉太郎だった。
その「雛の道中」は、まるで絵に描いたよう。

全部読み終わったときは、何だか虚脱感があった。

著者も力を入れてらしたようで、【米澤穂信と古典部】という本でこれを7巻目としてシリーズの締めくくりにしておられる。

シリーズ全7巻は、以下の通り。

1.【氷菓】
2.【愚者のエンドロール】
3.【真実の一〇メートル手前】
4.【遠回りする雛】
5.【ふたりの距離の概算】
6.【いまさら翼と言われても】
7.【米澤穂信と古典部】

 

| | コメント (0)

2022.05.13

印傳屋のポシェットなど

Photo_20220512165801

印伝というのは何だか古めかしそうで、新聞広告を見てもあまり惹かれなかった。

それが、つつじさんのブログで紹介されているのを読んで、自分も欲しくなった。

そうだ!がんばっている自分に、ボーナスを支給しよう。

Photo_20220512212401

とばかりに、「印傳屋」の色々なものを買いに走った(?)。

 

Photo_20220512213101

最初は小銭入れだったのが、以前から欲しかったパスケースを。
そして思い切って財布も注文。勢いで、ポシェットまで購入するまでに。

 

いずれも、「そよか」というシリーズのもの。爽やかで、いいイメージ。

これらと、宮田織物の軽い上着とカーディガンまで、調子に乗ってポチッ!

Q_20220512212401

合わせても15万くらいかな、随分安いボーナスだなぁ。

ついでだ!

このポシェットに他のものを入れて、どこかへ行きたい。美味しいものを食べたい。

 

| | コメント (0)

2022.05.12

横尾忠則【本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んできた】

Photo_20220511181401

著者:横尾忠則
価格:924円
カテゴリ:一般
発売日:2017/07/19
出版社: 光文社
レーベル: 光文社新書
利用対象:一般
ISBN:978-4-334-03997-4

横尾忠則さん、人生で初めての書評集:
「この本の中に、僕の考えてきたことがすべて入っています」
(横尾さんコメント)

 

表紙は、例によってちょっとサイケなご自身の絵。

1ページめくると、見開き(多分)両ページに渡って積み上げた本がある。

「本を読むのが苦手」とおっしゃるが、どうしてなかなかスゴイ本を読んでいらっしゃる。

ジャンルごとに分かれていて、「死・生・今」には石内都の「フリーダ 愛と痛み」やヘッセの【シッダールタの旅】などが。

続いて「からだ」と「こころ」で【「病は気から」を科学する】といった本が選ばれている。

そして「トップスター」というジャンルでは、【レディー・ガガ メッセージ】や【高倉健インタヴューズ】といったちょっと柔らかめのもの。

「わがまま・あるがまま」という括りでヘッセの【わがままこそ最高の美徳】や【原節子 あるがままに生きて】といったちょっとのぞき見的な本もある。

「遊び・自由・ユーモア」では文字通り「梅棹忠夫、語る】という自身の著や【老々と哲学】の梅棹忠夫を持って来て遊ぶ。

「天才・狂気」には【失われた天才】を持って来て、まったく違うが紙一重であるスゴイ人を語る。

といった風に、さまざまなジャンルの本を、それこそさまざまな角度から自由に語っておられる。

そういえば、朝日新聞で書評委員を務めていらっしゃるのだった。いつも「読んでみたい」と思わされるような書評が載っている。でも、難しそうとも。
いや、朝日の書評そのものだった。

残念ながら知っている本は少なく、自分の理解からはほど遠そうだ。

著者が大好きな猫についての本は、興味深いものが多かった。
猫好きの保坂和志など、クスリとしてしまう。

いずれも短文での紹介で、高橋たか子さんの【過ぎ行く人たち】はぜひ読んでみたいと思った。

「昭和の記憶」にある【「講談社の絵本」】と【昭和の流行歌物語】も、読みたい本リストに加えた。

 

| | コメント (0)

«ホームから消えるもの