« 杉五兵衛 | トップページ | ◆森博嗣「封印再度」つづき »

2004.04.29

◆森博嗣「封印再度」

翠さんという方のサイトで、「封印再度」がお気に入りだと書いてあった。犀川・萌絵シリーズで一番好きだと。
シリーズ5作目で、例によってかけことばとして[WHO INSIDE]とある。

さて、物語はどうだったっけ。うーん、確か鍵がかかった箱があって……読む時はカバーをしていたのであまり気がつかなかったのだが、 今見ると 表紙にその筺が描いてある。
冒頭部分を少し読んでみる。世津子さん登場。登場人物の中で好きなキャラだ。

萌絵のマンションへ着いてトーマ君が登場したところで、あとをぱらぱらと拾い読みしてみる。
物語の本筋とは別に、この5作目で犀川と萌絵の関係にいささか進展があったのだった。
登場人物といえば、ラストの場面で出てくる国枝桃子も好きな一人だ。

この作品あたりで、徹也と犀川を演じる俳優は誰がいいだろうと話し合った覚えがある。自分が誰を挙げたか忘れたが、「そんなん、年取りすぎ!」と却下された。

解説が池波志乃で、当時も「何で彼女が?」と思ったものだった。

翠さんは、シリーズの中でどうしてこれが一番好きなのだろう?

8月9日追記:封印再度続き封印再度

|

« 杉五兵衛 | トップページ | ◆森博嗣「封印再度」つづき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本棚04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/512024

この記事へのトラックバック一覧です: ◆森博嗣「封印再度」:

» 森博嗣:封印再度 [ || 翠*茶 || ]
森博嗣さんの「封印再度」という作品が一番好きだったりします。 これは「すべてがF [続きを読む]

受信: 2004.04.30 17:34

« 杉五兵衛 | トップページ | ◆森博嗣「封印再度」つづき »