« 痛み | トップページ | ◆有栖川有栖「月光ゲーム」 »

2004.05.14

◆森博嗣【すべてがFになる】

再読は、筋を追わなくていいから かなり客観的に楽しめる。

前述した、萌絵の儀同世津子への感情にしても、ニヤニヤしながら眺めていられるのである。

2年前よりは若干PCのスキルも上がっているかと思っているのだが、ゆとりを持って読んでいるためもあって コンピュータ関係の記述が特に面白かった。
キーワードである[F]にしても **以下、コンピュータの知識のある人へはネタバレ**
16進数との関連で言えば、多少のこじつけはあっても納得できる。

真賀田四季の(姿形なども含めた)「人格」の描写については、若干物足りない。

萌絵は、両親を飛行機事故で無くしたあと、1年間の引きこもりを経て別人のようになった。早い時期に感情のすべてをぶちまけ 自分をさらけ出すことにより、あるいは回復が早くなったのだろうか。

[私、ずっと、そのことを忘れていました]という萌絵に対しての犀川のセリフ「そうやって、話せるようになるまで、忘れているんだよ、人間って……」
[思い出は全部記憶しているけどね、記憶は全部は思い出せないんだ」


さて、犀川の持ち物で興味深いものがあった。
アナログの時計だ。これは森氏もそうなのだろうか。勿論[浮遊工作 室 ]をよく読めば解ることだろうが、このシリーズを通して 日経パソコンの[森博嗣のToolbox]との関連性を見つけるのも楽しみになった。

萌絵がエンジン音が好きだというのは このあと再々出てくるが、ここでは二人で車に乗る場面は一度しかない。

二年前、これを読んでいた頃は、本当に楽しかった!

関連記事
「すべてがFになる」


|

« 痛み | トップページ | ◆有栖川有栖「月光ゲーム」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本棚04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/591059

この記事へのトラックバック一覧です: ◆森博嗣【すべてがFになる】:

« 痛み | トップページ | ◆有栖川有栖「月光ゲーム」 »