« まだ間に合うか? | トップページ | 河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信」 »

2004.05.18

日本ウソツキクラブ

待ってましたー、このお題!

何を隠そう、自分は日本ウソつきクラブ大阪支部長である *1
本当は関西支部長くらいには就任したいのだが、まだウソの付き方が下手なので申請を遠慮している。

*1 日本ウソツキクラブ会長は、ご存じの方も多い
と思うが 文化庁長官の河合隼雄先生である

さて、府支部長としては日夜修行に励んでいるわけだが、幸いなことにそれによってトラブルに遭遇したことはない。
しかし唯一困るのは、家人が全くこうしたことを理解せず せっかくの修行の成果を身近なところで発揮できないことである。

仕方ないので、このクラブの趣旨をよく理解してくれている長男相手に稽古を積み、外でとっさの場合もあわてることなくウソがつけるようにしている。

しかし、「事件簿」と銘打った今回のお題に相応しい話にするには、それなりのウソ歴を披露すべきなのだろうが、今日のところは時間がないので(いつもそういってる>あ、これはホントです)、このお題のあるうちに再度書くことにして、今日のところは これで送信!

追記
8月2日:関連記事

|

« まだ間に合うか? | トップページ | 河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/614168

この記事へのトラックバック一覧です: 日本ウソツキクラブ:

« まだ間に合うか? | トップページ | 河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信」 »