« 日本ウソツキクラブ | トップページ | メーカーの陰謀か? »

2004.05.19

河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信」

先ほどウソツキクラブについて書いたら 問い合わせが殺到したので、本を1冊紹介します。


河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信

著者の河合隼雄氏は、京都大学名誉教授・文化庁長官にして、日本ウソツキクラブ会長である。
共著の大牟田雄三氏は、河合氏の幼なじみで無二の親友。

そのお二人が書かれたものであるからして、全編これウソのかたまり。ウソの貴重な宝庫である。
そろそろウソを勉強しようかなと思われた御仁には、またとない良い教科書となるであろう。

** 以下、帯より **
昔は「ウソは泥棒のはじまり」と嫌われたが、最近の心理学の研究では「ウソ」は実に高く評価されている。それを踏まえて、某教育委員会が「ウソの付き方」を教え、生徒たちに週13回以上のウソをつくように指導したところ、生徒たちの精神衛生がぐっとよくなり、いじめも不登校もまったく消滅……という報告もあるという!?
** ここまで **

ここに書かれた内容は、落語とも一脈通じるものがある。どちらも決してホラ話などではなく、そこはかとなくただようユーモアにたっぷり浸れる。
疲れた時などにひもとくと良いだろう。

というわけで、今回紹介するにあたりつまみ食いならぬつまみ読みをした。精神衛生上すこぶる良かった

河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信
講談社+α文庫 定価:税込609円(本体 580円)
1999年7月20日 第1刷発行

ニャムとアローの部屋更新

|

« 日本ウソツキクラブ | トップページ | メーカーの陰謀か? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/616368

この記事へのトラックバック一覧です: 河合隼雄・大牟田雄三共著「ウソツキクラブ短信」:

« 日本ウソツキクラブ | トップページ | メーカーの陰謀か? »