« 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 | トップページ | 有坂陽子・長谷川恭久「スタイルシートスタイルブック」 »

2004.06.21

◆楡周平「Cの福音」

またまた、冒険小説のようだ。何冊かあるし、シリーズものらしい。

ニューヨーク・マフィア・麻薬。しかも主人公が悪役ということで、最後まで読むだろうか?
コンピュータ・ネットワークを駆使してというのもニフティサーブで、今さらながら この8年間の変化を思う。

|

« 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 | トップページ | 有坂陽子・長谷川恭久「スタイルシートスタイルブック」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本棚04」カテゴリの記事

コメント

楡 周平 のcの福音を読んだ
もう10年前のデビュー作だが図書館で目についたのでトライ
日米を股にかける麻薬密売組織をテーマにしたサスペンスモノ
展開に無理な所が多々あるが、密輸のリアルさは読み応え十分
今はキャリアが十年近くになっているわけで
文章や構成は洗練されてきているはず
機会があればまた読みたい作家です

投稿: danonihachi | 2007.05.11 11:34

danonihachiさん、コメントをありがとうございました。

ちょっと苦手な作家になっています。


投稿: | 2007.05.12 15:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/808758

この記事へのトラックバック一覧です: ◆楡周平「Cの福音」:

« 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」 | トップページ | 有坂陽子・長谷川恭久「スタイルシートスタイルブック」 »