« 有言実行あるのみ? | トップページ | フリートーク »

2004.07.01

貫井徳郎「失踪症候群」

症候群3部作の一番目「失踪症候群

イリーガルドラッグ・自閉する匿名者たち等、現代社会の病んだ部分を描いたものの一つか?
95年作だというが、古さは感じさせない。
何ともやりきれない中で、最終部分 原田の希望だけが救いだ。

ドラッグを扱ったものでいえば、有栖川有栖の「幻想運河」でも少しだけ出てきたが。
「慟哭」といいこの作品といい この作者の長編には穂とのどの作品にドラッグが登場するという。

元サイト更新


|

« 有言実行あるのみ? | トップページ | フリートーク »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/880471

この記事へのトラックバック一覧です: 貫井徳郎「失踪症候群」:

« 有言実行あるのみ? | トップページ | フリートーク »