« 如月行 | トップページ | ◆「六歌仙の暗号」 »

2004.07.20

引用文を囲むには?

引用文の出だしで少し頭を下げるというのは解りやすくていいと思うのだが、他の方のブログを見ているとそれをキレイに囲んであったりする。
でも、こっそりソースを見ても、 <blockquote></blockquote>のタグしか使ってない(<>は半角)

どうすれば出来るのだろう?

|

« 如月行 | トップページ | ◆「六歌仙の暗号」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

css(スタイルシート)というのでblockquoteの書式を変えられるのですが、ココログでどうやるのかは、以下の記事(とコメントやTB)にありました。私はココログユーザーでないので、よくわからないのですが。
http://urawareds.cocolog-nifty.com/urawareds/2003/12/post_7.html

投稿: 善福寺手帳/yoshioka | 2004.07.20 19:04

yoshiokaさん、いつも有り難うございます。

スタイルシートかなというあたりまでは、漠然と想像していたのですが、具体的な書き方が解らなかったのが一つ。
もう一つは、書く場所です。

で、教えて頂いたところでウェブログのサブタイトルに置くということも解りました。
具体的な書き方についても書いてあったのでそれをコピーして 上記「ウェブログのサブタイトル」に入れてみたのですが、うまくいきませんでした。

うーん、何が悪いんだろう?

投稿: | 2004.07.20 22:20

うーん、ココログでうまく出来ている人のページで「表示」→「ソース」でこっそり拝見して、
涼さんのページのソースと違いを比べて見ることですかねえ。
<!--  -->で囲っているかどうかが少し違うような気がするのですが....。

投稿: 善福寺手帳/yoshioka | 2004.07.20 23:30

涼さん、はじめまして。森のクマと申します(^(エ)^)
サブタイトルに記述されているstyleタグを、以下のものに置き換えてみてください。おそらくblockquote部分に変化が現われるんじゃないかと思います。

style type=text/css!-- .content blockquote { background-color: #FFFFFF; border: 1px solid #000000; padding: 5px; } --/style

#カラー指定は、お好みのものに変更してくださいね。

投稿: 森のクマ | 2004.07.21 00:34

森のクマさん、はじめまして。

有り難うございました。
ばっちり出来ました (^_^)

投稿: | 2004.07.21 01:13

yoshiokaさん、

仰有るとおりでした。
森のクマさんに教えて頂いて、<!--content を付け加えることで、解決出来ました。

有り難うございました。
すごい感激です。

投稿: | 2004.07.21 01:17

はじめまして。ほぼ日で紹介されてから、
ずっと拝見させて頂いています。

今日は、涼さんのこちらの記事のおかげで
やっと私も引用部分を囲むことができるように
なりましたので、一言お礼が言いたくて。

分かりやすい記事をどうもありがとうございました。
これからも、お邪魔させてください。

投稿: りすまご | 2005.06.29 00:38

りすまごさん、はじめまして。ようこそ。

色々な方に助けていただきながら、少しずつでも出来るようになればいいなと思っています。お役に立てて何よりです。

にゃんたさんの写真にお目にかかれました。
読んでいらっしゃる本も、共通点があります。又おじゃまさせてください。
「ラッシュライフ」繋がりでtakoさんのお名前を発見。ブログも狭いですね。

∥ほぼ日で紹介されてから

これは?涼が何か書いていたのでしょうか?どうも、自分がしたことも覚えてなくて…… (^_^;)

投稿: | 2005.06.29 01:16

涼さん、ごめんなさい。私の記憶違いです。
ずっと、ほぼ日の「Say Hello!」のリンクで
お見かけしたとばかり思っていました。

記憶をたどってみると、ココログの「泣き笑い文庫」
というTB企画で、涼さんが宮部みゆきの小説の紹介を
されていたのがきっかけでした。
「魔術はささやく」私も大好きだったので。

混乱させてしまって申し訳ありませんでした。

投稿: りすまご | 2005.06.29 22:18

りすまごさん、こんばんは。

ああ、トラックバック野郎でしたか。 ↓ ですね。
http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2004/11/post_3.html

この子は、自分の中で非常に現実的なのですよ。
思い出させていただいて有り難うございました。また再読しよう!

投稿: | 2005.06.29 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1012151

この記事へのトラックバック一覧です: 引用文を囲むには?:

« 如月行 | トップページ | ◆「六歌仙の暗号」 »