« ブログ対従来?サイト | トップページ | 今日届いた本 »

2004.07.23

本田尚也「仕事で差がつくメモ術・ノート術」

本田尚也「仕事で差がつくメモ術・ノート術


仕事で差がつくメモ術・ノート術
税込価格: \1,470
出版:ぱる出版
サイズ:B6判 / 207p
ISBN:4-89386-941-8
発行年月:2002.8
利用対象: 一般 

メモとノートは仕事のあらゆる場面で活かせる万能ツール。仕事に差がつくメモやノートの役割、メモの取り方とノートのまとめ方の基本テクニック、現場で使えるメモ・ノート術などを紹介する。


購入時はパラパラと必要そうな箇所だけ拾い読みしていた。
記憶に頼らず、しっかりと『書きグセを身につける』為に、今回読み直し。
初版が2002年8月ということで、少し情報環境としては古くなった感もあるが、それぞれに納得出来る方法を書いてある。
メモの取り方・ノートのまとめ方から、必要なグッズまで紹介されている。

せっかく読んだのだから、一つずつ実行していこう。
まずは、ToDoリストをつくることから。そして、優先順位をつけて さぁ実行!
しかし、明朝早いから 今夜はなるべく早く寝よう>また先送り?


本田尚也「仕事で差がつくメモ術・ノート術
2003年2月10日 5刷

|

« ブログ対従来?サイト | トップページ | 今日届いた本 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
おお、お始めになったのですね。
自己流ですが、先日コメントさせていただいた
ものを補足します。
・よく電話をかける人の電話番号は、ノートの
最終ページに「名前と番号」を書いておく。
(かける都度追加)
私の場合、最大でも2~3ページに納まった。
PDA等より,目視で探す方が速いのです。
ノートを更新したとき、前のリストが使える
場合、コピーして新ノートに張り付けます。
・ToDoは、ノートの欄外に書くことと、1日
刻みの工程表を使っていました。会議やプロ
ジェクトごとに記入します。A4横で40日位
をカバーするようにします。(1枚にすべてを
書きます)
ToDoも記入するわけですが、眺めているだけで
新規ToDoを思いついたり、優先も考えることが
できます。
・ちなみにノートは、2冊/年程度でした。

投稿: 登霧 | 2004.07.25 12:25

登霧 さん、

根がずぼらなものですから、なかなかきちんとしたことが出来ません。

何処かで聞いた話ですが、やはり手で書くということは大変大事なことなのでそうです(惚け防止の一つ)。

∥目視で探す方が速いのです。

その通りですね。デジタルツールは一覧性がないですね。

∥眺めているだけで新規ToDoを思いついたり、優先も考えることが

確かにこういうことがあります。
そして焦ることも (^^;)

投稿: | 2004.07.26 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1035693

この記事へのトラックバック一覧です: 本田尚也「仕事で差がつくメモ術・ノート術」:

« ブログ対従来?サイト | トップページ | 今日届いた本 »