« お盆 | トップページ | 1.松谷みよ子「いないいないばあ」 »

2004.08.09

新井紀子「数学にときめく」

数学にときめく(ブルーバックス B-1372)
新井紀子著・ムギ畑編
出版社 講談社
発売日 2002.06
価格  ¥ 987(¥ 940)
ISBN  4062573725

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

著者が、働くお母さんのためのインターネットサイト「ムギ畑」での掲示板「算数教室:乙女の花園」でのやりとりを元に編集した問題集?
問題集といっても、(確かに最初に「問題」ありきだが)問題→模範解答 といった展開ではない。「迂回し、誤解し、行きつ戻りつした仲間達の雄弁なお喋りのたまもの」だという。
問題を解くというよりは、読んでいく感覚で楽しんでいける。また、立ち返って自分なりの解法を考えるのも一興。

曲線と直線の定義・点から線への考え方。
「あみだくじでは一箇所から出た線は必ず決まってところへ到達する」ということの証明など。卑近な例を挙げながらの問題と解釈・説明(証明)は、割合すんなりとうなずけるのではないか。

推理小説とも通じるところがあると言い切るのは、強引か?!但し、これを読んで数学好きになるかというと 少々疑問は残る。

新井紀子著・ムギ畑編「数学にときめく
2002年6月20日 第1刷発行


|

« お盆 | トップページ | 1.松谷みよ子「いないいないばあ」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

涼さん、ご無沙汰しています。
明日の甲子園は大阪のPLと地元町田の日大三高の対戦。
どっちが勝つかな?
暑いのでお身体お大事に。
お盆だから徹也さんはおうちに帰ってきていますよね…。

投稿: 芝と苑の管理人 | 2004.08.10 11:48

芝と苑の管理人さん、

実は大阪大会の決勝は、PL対徹也の母校だったんですよ。ここは 1991年第73会大会に 初出場・初優勝していています。
今回同点再試合で、出場を逃しています。

もっとも、在学中 体育クラスは 違う学校のような感じでしたが。

投稿: | 2004.08.10 14:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1157786

この記事へのトラックバック一覧です: 新井紀子「数学にときめく」:

« お盆 | トップページ | 1.松谷みよ子「いないいないばあ」 »