« 野口悠紀夫「ホームページにオフィスを作る」 | トップページ | 長尾幹也さんの歌 »

2004.08.01

今日届いた本

缶詰というのは、どうしてああも開けにくいのだろう。特に一見便利そうなプルトップのついたもの。
開けにくい缶詰と格闘するたびに思い出す本がある。

曾野綾子「天上の青」上・下

天上の青 上
あの曾野綾子が書いた初の犯罪小説である。女性を襲い世間を震撼させた連続殺人犯の話だ。しかしこの殺人犯は、隣人が開けられないような缶詰を作った缶詰会社の社長の息子を殺害(誘拐だったかな?)する

もう一冊は、川端裕人「川の名前」。
文庫ではなく、親本を買ってしまった。

しばらく本を買わないはずではなかったのか (-_-;)

|

« 野口悠紀夫「ホームページにオフィスを作る」 | トップページ | 長尾幹也さんの歌 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1100302

この記事へのトラックバック一覧です: 今日届いた本:

« 野口悠紀夫「ホームページにオフィスを作る」 | トップページ | 長尾幹也さんの歌 »