« 松本稔氏台湾へ | トップページ | 真実の母オリンピア »

2004.08.29

クオバディスのダイアリー

ついに動き出した、ステーショナリー放浪(苦笑)。
カテゴリーが書籍なのは少し疑問だが、きっかけが本だからここは大目に見ることにする。

8月21日付、「和田哲哉「文房具を楽しく使う」」。
この本で紹介されていたクオバディスのノートが今日届いた。

写真は、これを購入したソニープラザから拝借。
quo_badis2.jpg
購入したのは、青。素材は合皮で、その分軽いのは助かる。

クオバディスは社名で、正式には「アジェンダ・プランニング・ダイアリー」と名付けられている。
一日が縦長で表されているものを、「バーチカル・タイプ」と呼ぶそうだ。会議やアポイントメントなど、時間毎の予定や実績を記入していく。
上記のタイプは、エグゼクティブといって縦横ともサイズが16センチ。A5サイズより縦が短く横がやや長い。
従って、1ページに4日分の予定を入れてもさほど狭くない。また、縦が短いのは 自分としては助かる(註)

註:手首の関節が不自由なのでA5サイズくらい
のノートだと上の方が書きづらい。

大きさについて再度触れると、CDより一回りほど大きいかなというくらい。正方形だからノートとしてはちょっと変わっているが、かわいい印象もある。

今年度のものを買うバカがいるかとお思いだろう。しかし使ってみなきゃ解らないのがこの手のもの。来年用にして使いにくかったら1年間 損した気分になる。

少し試してみて、また使い勝手を報告いたします。

ちなみに、これと付属したノートも購入。会議の記録などはこちらへ書いて、ダイアリーの後ろへ挟み込むことが出来そうだ。ただし、細かい事はノートPCに書き込むにしても、1ヶ月に1冊は入り用かなぁ!?
和田氏は、たくさん書く時には他のノートを併用してはと仰有っていたが、このノートだと釣り合いも良く しかも洒落ている。

関連記事:和田哲哉「文房具を楽しく使う」(8月21日)


|

« 松本稔氏台湾へ | トップページ | 真実の母オリンピア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

涼さん、こんばんは!かよです。

私も来年はクオバディスの「エグゼクティブ」を
考えています。今年度のものを試しに購入して
みるのっていい方法ですね。目からウロコでした。

ステーショナリー放浪、実は私もです。
『文房具を買いに』に載っていたペンシルクリップが
欲しくて…。やっぱり日本では見当たらないのかな?
エクステンドにクリップがついたものならあるのですが…。

投稿: かよ | 2004.08.29 23:24

かよさん、こんばんは。

もう決定ですか?はじめて使うのですか?

さて次は、ロディアに挑戦するか!

投稿: | 2004.08.30 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1306805

この記事へのトラックバック一覧です: クオバディスのダイアリー:

» [books] 文房具を楽しく使う [Flagments:きむとものご飯、本、音楽 & 蕎麦?]
ASIN:4152085827:image -書籍名:文房具を楽しく使う[ノート・手帳篇] -著者名:和田哲哉 -出版社:早川書房 -初 版:2004年7月31日 -評 価:★★★★☆ 手帳やス ... [続きを読む]

受信: 2004.09.02 17:58

« 松本稔氏台湾へ | トップページ | 真実の母オリンピア »