« ◆森博嗣【夢・出逢い・魔性】 | トップページ | 防災グッズ『家庭・安心缶』 »

2004.09.06

銘菓『をぐら山春秋』

お供えとして頂いたもの。
小倉山荘は、京都長岡京にある。『和歌が人と人とのえにしを結ぶ大切な橋渡しをしていた王朝時代。その古きよき時代に想いを馳せつつ、百人一首をよりどころとし、和歌のこころをおかきによせて、「えにしをつなぐ」品をつくりたい』と願っているという。

この『をぐら山春秋』は、8種類のおかきの詰め合わせである。パッケージがかわいい。

oguraimege2.jpg

また、それぞれのおかきは

青海苔せんべい:もみじ「小倉山 峰のもじぢば 心あらば いまひとたびの みゆきまたなむ」

えびおかき:散る花「ひさかたの 光のどけき 春の日に しず心なく 花のちるらむ」

黒豆おかき・サラダせんべい・甘醤油せんべい:ありあけの月「ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただありあけの 月ぞ残れる」

京胡麻おかき:ならの葉「風そよぐ ならの小川の 夕暮は みそぎぞ夏の しるしなりける」

ザラメおかき:花吹雪「花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり」

海苔おかき:墨染の袖「おほけなく うき世の民に おほふかな わがたつ杣に 墨染の袖」

これらをイメージしてあるという。

oguraimege1.jpg

お使いものに良し、おもてなしに良し。
澪さん、徹也と一緒においしく頂いてます。有り難うございました。

高田崇史『QED 百人一首の呪』を再読しよう。


|

« ◆森博嗣【夢・出逢い・魔性】 | トップページ | 防災グッズ『家庭・安心缶』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

今晩は。食べ物にはすぐ反応してしまいます。
このおかき我が家も大好物で親近感!可愛いですよね。

投稿: urara | 2004.09.06 22:43

はー、また地震だ。

uraraさん、

おいしいものを、安心してゆっくり頂きたいですね。

投稿: | 2004.09.07 08:34

涼さん、こんにちは。
先日はblogへの書き込みありがとうございます。

このおかき、とてもきれいなパッケージでしかも美味しそうですね。
自分が甘いものが苦手なので「お仏壇の高坏に乗る大きさで、日持ちする、甘くない御菓子」をいつも探しています。
こちらのお店は(今、リンク先を拝見しました)関東だと高島屋にあるんですね。今度ぜひ探してみようと思いました。

投稿: alde | 2004.09.07 09:55

aldeさん、

∥お仏壇の高坏に乗る大きさで、日持ちする、甘くない御菓子

個装だから、丁度いいですよ。ぜひお試し下さい (^^)

「間取りの手帳」は、朝日でも書評があったような?

投稿: | 2004.09.07 11:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1371419

この記事へのトラックバック一覧です: 銘菓『をぐら山春秋』:

« ◆森博嗣【夢・出逢い・魔性】 | トップページ | 防災グッズ『家庭・安心缶』 »