« ウエブ・アクセスビリティチェック | トップページ | 【原罪の庭】つづき »

2004.09.16

◆篠田真由美【原罪の庭】

原罪の庭(講談社文庫)
篠田真由美〔著〕
出版社 講談社
発売日 2003.10
価格  ¥ 770(¥ 733)
ISBN  4062738635

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
外から施錠された温室の中に、切り刻まれた血みどろの死体が三つと、ことばをなくした子供が一人。残虐な事件の謎に建築探偵・桜井京介が挑む。

建築探偵桜井京介シリーズの中でも重要なキャラ 【蒼】。 シリーズ第1期最後のこの本で、蒼のことが始めて語られる。そしてそれは、京介と蒼の別れを予感させる結末となった。

蒼は(もしかしたら京介も?)、宮部みゆき「魔術はささやく」の守君、同じく「パーフェクトブルー」の進也・克彦兄弟と列んで好きなキャラだ。
蒼の現在を知っているから、平静に読めたこの作品。しかし意外に犯人は予想がつくし、周りの人物についてもその役回りの見当がつく。

以下、ネタバレ

香澄と杏樹の入れ替わりももしかしたらと思っていたことが、荒木刑事の調査が「渡された時点でやはりと納得できてしまう。

本書はまた、幼児のうけたトラウマについて、また子を喪った母親の精神的なショック・親に対する子の絶望も主要なテーマになっている。

また京介のセリフから引用。

「でも、身勝手に一方的に思い込んで他人に期待して、相手がそれから外れたといって裏切られたと騒ぐような、甘ったれた真似だけはしたくないんです。そんな醜態を晒すくらいなら、傲慢だと非難される方がはるかにましです」

20歳の若造のセリフか?

神代教授と 京介自身のことなど、感じたことはまだまだあるが、またしても中途半端な感想で終わってしまった。


今日もマスコミは、子どもが受けた理不尽な死を報じている。本書の話と並行して、幼女連続殺人事件があった年だという。

篠田真由美【原罪の庭
2003年10月15日第1刷発行。

ああ、これを買ったのは徹也ではなかった。

|

« ウエブ・アクセスビリティチェック | トップページ | 【原罪の庭】つづき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本棚04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1452728

この記事へのトラックバック一覧です: ◆篠田真由美【原罪の庭】:

« ウエブ・アクセスビリティチェック | トップページ | 【原罪の庭】つづき »