« SP2のトラブル | トップページ | 【おじさんのかさ】つづき »

2004.09.29

佐野洋子【おじさんのかさ】

おじさんのかさ(講談社の創作絵本)
佐野洋子作・絵

朝日新聞夕刊トップ記事(紹介はasahi.com)
消えた「チックとタック」「おじさんのかさ」… 「教科書の名作 復刻版が人気」とあるではないか。

「おじさんのかさ」は長男が1年生の時、教科書に掲載されていた物語。一緒によく読んだものだ。

立派な傘がぬれるのがもったいなくて雨の日でも傘をさせない「おじさん」。最後に傘を開くのだが、これは何がきっかけだっただろう。女の子に何か言われたのではなかったか?
教科書が残っているはず、探してみよう!

記事は、教科書から消えた「名作」が、教科書出版社の復刻版でよみがえったというもの。「おじさんのかさ」は教育出版。「心にひびく名作読みもの」全6冊のうちの 1冊に収録。
但し 上記の絵は、講談社発行の大型絵本。

KOROPPYさんの『チックとタック』が本で復活と、vagabond67さんのチックとタック~国語教科書の復活本の人気に、トラックバックをつけさせて頂きました。

関連記事【おじさんのかさ】つづき(2004.09.29)

|

« SP2のトラブル | トップページ | 【おじさんのかさ】つづき »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

本棚04」カテゴリの記事

コメント

殺伐とした記事が多い中,久々に心がホワッとする記事でしたね。やはり良いものはいつの時代も良いですね。是非,次の世代に引き継ぎたいものです。
P.S. TBさせて頂きました。

投稿: vagabond67 | 2004.09.29 23:10

vagabond67さん、こんばんは。

トラックバックとコメントを有り難うございました。
トップ記事だけに、ちょっとビックリしましたが、こうした記事がもっと紙面を埋めるようになって欲しいものです。

こちらからも、トラックバックをつけさせて頂きました。

投稿: | 2004.09.29 23:43

おはようございます。
トラバ、ありがとうございました。

それぞれ教科書の想い出が紐解かれる記事でしたね。
この本も、ほんわかとしたイラストが素敵です。
ぜひ読んでみたいです。

投稿: KOROPPY | 2004.09.30 07:53

涼さん、vagabond67さん、KOROPPYさん こんにちは!

> 最後に傘を開くのだが、これは何がきっかけだっただろう。

私たちの時代の教科書には載っていませんでしたので、結末が気になります!
いいですね、こういうお話。
教科書からこんないいお話を消してしまって、イマドキの小学生はどんな教科書を読んでいるんでしょう?
もっと「心」を育てる教育をして欲しいなぁ・・・

投稿: アリス | 2004.09.30 15:01

KOROPPYさん、こんにちは。

∥ほんわかとしたイラストが素敵です。ぜひ読んでみたいです。

ええ、口調のいい楽しい本ですよ (^_^)
きっと、子どもさんが大好きになります。

投稿: | 2004.09.30 16:59

アリスさん、こんにちは。

年代にもよるでしょうが、地域によって採択する教科書会社が違うからかもしれません。

∥結末が気になります!

別記事をたててみました (^_^)

投稿: | 2004.09.30 17:01

涼さん、こんばんは!

> 別記事をたててみました (^_^)

ありがとうございます!
そちらにコメントしますね(^-^)

投稿: アリス | 2004.09.30 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1552451

この記事へのトラックバック一覧です: 佐野洋子【おじさんのかさ】:

» チックとタック〜国語教科書の復活本の人気 [vagabond の 徒然なるままに]
 国語教科書から消えた名作 復活本が親世代に人気(朝日新聞)とのこと。懐かしすぎる〜{/kaeru_love/} 上の記事で紹介されている「チックとタック」は,... [続きを読む]

受信: 2004.09.29 23:05

« SP2のトラブル | トップページ | 【おじさんのかさ】つづき »