« ブログの繋がり・拡がり | トップページ | イチロー語録 »

2004.10.03

コンビニ敬語 その後

しつこいかもしれないが、偶然遭遇出来たので書いてみる。リヴィアさんの「バイト語、駆逐作戦。あるいは、北風より太陽の巻」に該当するもの。

具体的には、

バイト語を使わない若者がいたら、その子を、ほめちゃえ作戦です。

さて、最近はコンビニでもポストを置いているということで、郵袋を抱えて入れてくれるかどうか聞きに入った。出てきた若い子が、
「大丈夫ですよ」と言ってから「でも今日の回収は終わりました。一日一回なので、もしお急ぎでしたらポストの方がいいと思います」と言う。その件はそういうことにして、たまっている本代などを払うことにする。
先程から気がついているのだが、この若者の言葉が非常に「普通」なのである。
で、リヴィアさんを思い出して聞いてみた。

「あなた、バイトなの?」
「はい、そうです」
「お若いのにきちんとした言葉遣いをなさるのね」といった風なやりとりがあったのだが、彼は非常に嬉しそうだった。残念なのは、他に聞いていたバイト君がいなかったこと。

もうすこし突っ込みたかったのだが、他の客が来たので引き上げた。
ふーん、こんな子もいるのねというところ。ちなみに、非常に可愛い子でした(言葉と関係ないかっ!)


出会うチャンスがあるかなと思っていたリヴィアさんの「バイト語、駆逐作戦。あるいは、北風より太陽の巻」に、トラックバックをつけさせていただきました。
嫌みを言うより褒める方が気持ちいい。さわやかな太陽になった気分でした。

関連記事:小林作都子【そのバイト語はやめなさい】

|

« ブログの繋がり・拡がり | トップページ | イチロー語録 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1582399

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニ敬語 その後:

« ブログの繋がり・拡がり | トップページ | イチロー語録 »