« コンビニ敬語 その後 | トップページ | 音声ブラウザ新製品 »

2004.10.03

イチロー語録

昨日は午後7時からのニュースを30分近く見てしまった。

多くのブログで、イチローの偉業を称えている。自分がイチローを好きなのは、天才といわれても尚努力する姿やその結果だけでなく、非常にユニークなコメントをするからだ。

よくお立ち台に立った選手が「これからも頑張りますので、応援よろしくお願いします」と決まり切ったようなことを言う。しかし、イチローは違う。
もっと若いときには、それが生意気だととられないかと心配だったが、最近では風格さえ出てきている。

いくつか挙げてみる。引用は、昨日のテレビニュースや新聞記事から。

こちらに来て強く思ったのは、体が大きいことに、そんなに意味はない。僕は大リーグに入ってしまえば一番小さい部類です。
でも、こういう記録を作ることもできた。大きさや強さに対するあこがれが大きすぎて、自分自身の可能性をつぶさないで欲しい。自分自身の持っている能力を生かせれば、可能性はすごく広がると思う
子ども達への言葉か。


今年は色々な怖さを知り、乗り越え、自分の技術を確立した上で残した数字だから、僕にとって重みが違います

やっている間にプレッシャーから解き放たれるのは不可能。背負ってプレーするしかない。
でも、ドキドキ、ワクワクとかプレッシャーが僕にとってはたまらない。これが勝負の世界にいる者のだいご味。それがない選手ではつまらない。
この言葉もいいなぁ。


具体的にイメージするようになったのは200本を超えてから。普通にやっていけばできるかもしれない、と考えた。

打率はコントロールできてしまう。「野球が好きでグラウンドに立ちたい」というのがぼくの原点。打率を目標にしたら、打席に立ちたくなくなる可能性がある。それは本意ではないから、目標にはできない。
4割への挑戦を聞かれて。


今回、記事より引用が多くなってしまったことをご容赦下さい。

以下の三箇所に、トラックバックさせていただきました。
葉桜日記「ICHIRO'S GREATEST HITS 257! 258! 259!」:シアトルのサイトを紹介していただきました
chiiko通信「すばらしい一日」:ここへは書きませんでしたが、chiikoさんと同じような感想を持ちました
善福寺日記「イチロー記録達成」:イチローへのメッセージに共感を覚えました

関連記事
イチロー語録:最終日(04.10.05)
イチロー、200本安打(05.10.01)

|

« コンビニ敬語 その後 | トップページ | 音声ブラウザ新製品 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

トラックバックありがとうございました。きのうのイチローはいつになく饒舌でしたよね。いい言葉をたくさん聴けました。
私からも相互トラックバックにさせてください。

投稿: 善福寺手帳/yoshioka | 2004.10.03 21:22

イチローさんには感動ですね!
彼の目はいつも真剣で、一言一言に
頷いてしまいます。
プレッシャーをも楽しめる人なんて
そうはいませんよね。
本当に素敵な人です。(^^)v

投稿: kuro-mama | 2004.10.03 23:10

 涼さん、おはようございます。記事をご紹介いただき、ありがとうございます。

 イチローは、まさに「心技体」を磨き上げたスポーツマンですね。そして、すごく頭のいい人だと思います。孤高の人という感じがします。

投稿: Tompei | 2004.10.04 08:18

お早うございます。

yoshiokaさん、

∥いい言葉をたくさん聴けました。

そうなのです。折々に聞く言葉がいつも面白いですね。


kuro-mamaさん

自信と謙虚さがいわせる言葉だと思います。

Tompeiさん

すみません、トラックバックは再送させていただきました。

∥すごく頭のいい人だと思います。孤高の人という感じがします。

そうそう、それを感じるのです。


投稿: | 2004.10.04 10:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/1582836

この記事へのトラックバック一覧です: イチロー語録:

» すばらしい一日 [chiiko通信]
秋日和、午後からブタ公園に出かけました。ゆっくりと歩いて光と緑の沐浴を楽しみまし [続きを読む]

受信: 2004.10.03 20:21

» イチロー記録達成 [善福寺手帳]
 おめでとう!君のことを同じ日本人として誇りに思う。同じ日本人だからといって, たとえばアメリカ人誰もが君と僕とを重ね合わせて見てくれるわけではないと思うが,... [続きを読む]

受信: 2004.10.03 21:22

« コンビニ敬語 その後 | トップページ | 音声ブラウザ新製品 »