« たーちゃんと呼ばそう | トップページ | 宮部みゆき【模倣犯】 »

2004.12.23

◆森博嗣【数奇にして模型】

数奇にして模型(講談社文庫)
森 博嗣〔著〕
出版社 講談社
発売日 2001.07
価格  ¥ 980(¥ 933)
ISBN  4062731940
bk1で詳しく見る
密室の中には首なし死体と容疑者が。模型交換会会場の公会堂でモデル女性の死体が発見された。死体の首は切断されており、発見された部屋は密室状態。同じ密室内で昏倒していた大学院生・寺林高司に嫌疑がかけられたが、彼は同じ頃にM工業大で起こった女子大学院生密室殺人の容疑者でもあった。複雑に絡まった謎に犀川・西之園師弟が挑む。

再読。
何とも救いようのない犯人だ。気味が悪いとしか言いようがない。

模型の蘊蓄などは非常に面白かった。
鉄道模型は、息子達が小さい頃の趣味だった。日を限って、部屋いっぱいにレールを敷き、電車を走らせる。もしかしたら親も夢中になっていたかもしれないが (^^;)

鉄道に限らず、色んな分野の模型愛好者があるらしい。最近よくフィギュアというのを聞くが、自分は人の模型?はあまり好きでない。

今回(以前からだが)金子君がいい。

森博嗣「数奇にして模型
2001年7月15日 第1刷発行

|

« たーちゃんと呼ばそう | トップページ | 宮部みゆき【模倣犯】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/2353981

この記事へのトラックバック一覧です: ◆森博嗣【数奇にして模型】:

« たーちゃんと呼ばそう | トップページ | 宮部みゆき【模倣犯】 »