« 高校ラグビー、決勝戦 | トップページ | 古田敦也公式ブログ »

2005.01.08

小山内博【生活習慣病に克つ】

生活習慣病に克つ新常識(新潮新書 015)
小山内博著
出版社 新潮社
発売日 2003.05
価格  ¥ 714(¥ 680)
ISBN  4106100150

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

今日届いた本。

最近、これまでのいわゆる常識を覆すような本が出ている。家人が只今読んでいるのは、「コレステロールは高い方がいい」という本。ドックでコレステロール値が高いといわれたのに納得できず、この本を読む気になったらしい。

さて本書だが、「まずは朝食を抜く!」とショッキングなタイトルが付いている。
これまで、朝食をしっかり摂ってエネルギーを確保しておかないと、勉強や仕事に差し支えるという説が多かったと思うが、本書では朝食を食べることの害を説く。

昔のように一働きしてから朝食を摂るのならともかく、起き抜けに食事をして即活動しなければいけない生活では、食事は害こそあれ有益ではないというのだ。

ということは、昼食後も言えるわけで、ゆっくり昼食も摂れない環境は良くないと言えるだろう。

といったところから始めて、アトピー性皮膚炎・アルツハイマー・がん・うつ・肩こり・花粉症などと食事や生活習慣とのメカニズムを解説している。


生活習慣病に克つ新常識 まずは朝食を抜く!小山内 博
2003年8月25日6刷

|

« 高校ラグビー、決勝戦 | トップページ | 古田敦也公式ブログ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/2508843

この記事へのトラックバック一覧です: 小山内博【生活習慣病に克つ】:

« 高校ラグビー、決勝戦 | トップページ | 古田敦也公式ブログ »