« 追記:1月 | トップページ | 辻一朗【のばそう健康寿命】 »

2005.01.24

本は所蔵しておくべきだ

必要があって、ある人と曾野綾子の「太郎物語」の話をしていた。
親本はとっくに絶版で、図書館でも文庫本しかない。

TRCで検索してみると、なんと文庫本も絶版のようで、曾野綾子選集に納められている。

古い文庫本を持っている。男の子のお母さんは読んだら面白いよと、友人達に勧めていた。これを読んでいた頃だったか、NHKの銀河ドラマシリーズで放映した。長門裕之と岸田今日子が両親役で、確かマヒナスターズの山田氏の息子さんが太郎君役だったような記憶がある。

面白いのは、この本と並行して「木枯らしの庭」を書いておられたこと。「太郎物語」の両親をある意味理想の親とすれば、この本に出てくる母親は何ともはや……

ところで、akiraさんが本の寿命という記事を書いておられる。まったく同感である。
一度手放したら、なかなかお目にかかれないかもしれない。特に文庫本は、置いておこう。

トラックバックを送らせて頂きました。

|

« 追記:1月 | トップページ | 辻一朗【のばそう健康寿命】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/2681626

この記事へのトラックバック一覧です: 本は所蔵しておくべきだ:

« 追記:1月 | トップページ | 辻一朗【のばそう健康寿命】 »