« やっぱり汽車が好き | トップページ | ありがとう、古田選手 »

2005.01.27

月命日:仏花

仏花というのは、どうしてあんなに画一的なのだろう。殆どいつも同じ花材。

数ヶ月前から、仏花にとらわれず花を買っている。

岐阜の山村に住む祖父母は、常に花を育てていた。戦死した息子3人を祀る仏壇には、季節の花が活けてあった。
夏休みは殆ど祖父母宅で過ごしていたが、お盆の前になると祖母はいつも仏具を磨いた。それを手伝いながら、しかし祖父母の哀しみに思い至ったことはない。

母からはよく伯父達の話を聞いていた。母にとって自慢の兄であったらしい。子供の頃のエピソード、近衛兵として村中の誇りであったことなど。

丁寧に仏具を磨く祖母の背は丸く、小さかった。

今日は、淡いピンクのチューリップが挿してある。

2011年1月に転載


|

« やっぱり汽車が好き | トップページ | ありがとう、古田選手 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんなこと思って、大昔一度、友達の墓に綺麗な花束を持っていったことがあります。
がしかし、周りからジロジロ見られてバツが悪かったですね~。(笑

投稿: グン | 2005.01.28 10:10

お早うございます。

この手のことって、「こうすべし、こうあるべし」というのがありすぎ!
かなり抵抗しているのであります。
考えること、多々ありというところ。

何が主なのかしらねぇ。

今日はこれから、お仕事で大阪の田辺あたりへ出没します。

投稿: | 2005.01.28 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/2712241

この記事へのトラックバック一覧です: 月命日:仏花:

« やっぱり汽車が好き | トップページ | ありがとう、古田選手 »