« 記事索引2005 | トップページ | スマトラ沖地震被災者支援 »

2005.01.05

熊谷卓【誰にでも出来る発声法】

誰にでもできる発声法(ボイストレーニング)
熊谷卓著
出版社 日本実業出版社
発売日 1996.07
価格  ¥ 1,325(¥ 1,262)
ISBN  4534024843
bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
「声」というものを「呼吸法から発音」までの一貫した流れの中でとらえ直し、声のもつ力、可能性を追求する。短時間でできる、声をよくするトレーニング法も紹介。

何年もレッスンを受けているのに、発声がなかなかうまくいかない人がいる(誰か一人という意味ではない、一般論)。で、そういう人たちに普段どうしているか聞いてみると、何もしていないと言う。レッスンに出ることが即目的であって、それは手段であとは自分の勉強にどう活かすかだという事が、なかなか出来ない。

森下洋子さんの言葉として、「三日も練習をしないと身体がなまる」と仰有ったとか。
プロだからじゃない、基本が出来ているプロでさえ、不断の練習を休まない。まして素人が他人様に聞いて頂こうとするならば、それ以上の努力はあたりまえではないかと、これは自分への戒めでもある。

上記「特に何もしていない人」に毎日の発声練習をするよう告げたものだから、自分でもあらためて心しようと思う。

と、これは有言実行といきたい部分。同時に某所へのメッセージでもあるのだが、届くかどうかは、微妙なところ。

平常心とは心構えを言い表しながらも、物理的、肉体的には呼吸、それも一番リラックスしていられる平常呼吸の状態を表わす言葉なのです。

誰にでもできる発声法」熊谷卓
1999年10月10日 第12刷発行

|

« 記事索引2005 | トップページ | スマトラ沖地震被災者支援 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

「声」って不思議です。心がゆったりしている時と
焦っている時、自信がある時、弱気の時…、自分と
いう発声元は同じでも全然違って出てきます。私は
かなり自意識過剰なところもあるのでその部分の
作用も大きく影響しているように思います。レッスン
で、講師からのワンポイントのアドバイスで声の
のびや響きが変わってしまうので、自分のことながら
驚いてしまいます。発表会でガチガチに緊張して
しまう自分も私そのもの。
毎日の短時間の練習の積み重ねに余裕と自信が生まれ
るのでしょうね。
ご紹介の本を是非読んでみたいです。(^^)

投稿: kuro-mama | 2005.01.06 22:38

kuro-mamaさん、こんばんは。

涼達のしていることは、大勢の前で声を出すということではないのです。その分、自分との戦いでもあります。また、困ったことに?残ってしまうのですね。以前も書いたように、18年前の声に再会?することもあります。

毎日の努力ということは、何事にも大切なのでしょうね。

投稿: | 2005.01.06 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/2480243

この記事へのトラックバック一覧です: 熊谷卓【誰にでも出来る発声法】:

« 記事索引2005 | トップページ | スマトラ沖地震被災者支援 »