« 開かれた学校は、もう無理なのか? | トップページ | 原りょう【そして夜は甦る】 »

2005.02.20

「喪を生きぬく」

先日来、気になっていた本。
今日の読書欄に書評が出ていた。asahi.comではまだのようだが。

息子との突然の別れから、新聞記者の“死へのドキュメント”まで―。最愛の人の死。それを受け入れた先に20の物語がある。
これは、朝日のデータベースより。「新聞記者の“死へのドキュメント」というのは、毎日の記者の話かな?

買おうかどうしようかと今も迷っている。
他の方の経験を読んでも、どうなるものでもなしという気持ちがある。一方、この書評には「本書に力づけられる読者は多いに違いない」とも書いてある。

|

« 開かれた学校は、もう無理なのか? | トップページ | 原りょう【そして夜は甦る】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/3010058

この記事へのトラックバック一覧です: 「喪を生きぬく」:

« 開かれた学校は、もう無理なのか? | トップページ | 原りょう【そして夜は甦る】 »