« 日刊「涼」3/7(月) | トップページ | 下着の収納 »

2005.03.08

夢を見た。
相変わらず、はっきりしない夢だ。多分、昨日就寝直前に来たメールが関係しているのだろう。長らくご無沙汰だった方からの、しかしあいかわらず忙しい旨の簡単なメールだったが。

これから遠くへ旅立つ人がいる。そして、その道案内に立っているのが、どうも徹也らしいのだ。後ろ姿しかわからぬ。声を聞いたわけでもない。しかし確かに彼だった。

今日は昨日までとは違った麗らかな日和。しかし、いつにも増して徹也が偲ばれる。究極の感じ方は、(この麗らかになりつつある季節も感じられないで)ひたすら可哀相なのだ。

徹也の部屋の雨戸を開け、陽光を入れる。
今日はまだしばらく一人で過ごす時間が長そうだ。

|

« 日刊「涼」3/7(月) | トップページ | 下着の収納 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/3221002

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 日刊「涼」3/7(月) | トップページ | 下着の収納 »