« 花粉症? | トップページ | トラックバック削除 »

2005.03.10

「天上の青」

天上の青 上巻(新潮文庫)

tenjonoao1

曽野綾子著
出版社 新潮社
発売日 1993.09
価格  ¥ 660(¥ 629)
ISBN  4-10-114628-4
bk1で詳しく見る

昨日から再読し始めた。雪子という名は覚えているし、富士男の悪事についても色々と覚えているのだが、二人の出会いはもっと必然的なものかと思っていた。何となく、雪子の行動が不自然なのだ。そりゃ、もう38歳にもなっているし、どういう行動を取ろうと無防備だとかいった事ではないのだが。
曽野氏の独特の言葉遣いから、富士男の人格が想像しにくい部分もある。

この本は、図書館の対面朗読用に渡されて始めて読んだものだ。冒頭の部分を読んだような気がする。上巻は急いで全部読み終えて臨んだが、「続き読みたいでしょ」と図書館の職員にいわれて下巻を借りて帰った。

しかし、当時はフィクションだと思っていたことが、どんどん現実に起こってきている。

天上の青」曽野綾子

関連記事:
今日届いた本(04.08.01)
曽野綾子「天上の青」(05.03.13)

|

« 花粉症? | トップページ | トラックバック削除 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/3245323

この記事へのトラックバック一覧です: 「天上の青」:

« 花粉症? | トップページ | トラックバック削除 »