« あと2本、あと2勝 | トップページ | ◆有栖川有栖【孤島パズル】 »

2005.04.21

新井満【千の風になって】

千の風になって
著者 新井満
出版社 講談社
発売日 2003.11
価格  ¥ 1,050
ISBN  4-06-212124-7
bk1で詳しく見る

死別、失恋、大切な人を亡くした人へ-。『朝日新聞』「天声人語」で紹介され反響をよんだ作者不明の詩を、芥川賞作家・新井満が翻訳し、美しい写真と共に世に贈る写真詩集。長編エッセイも収録する。

前半は、見開き2ページを使った写真に1ページ1フレーズの詩が納めてある。
詩が終わると曲と歌詞があり、後半は著者のこの詩に寄せたエッセイである。

この詩を始めて知ったのは、天声人語でだった。

その後多くの人が知ることになったのだが、一度人前で読んだとき、最後までキチンと読めなかった。自分にはまだ冷静にこの死を読むことが出来ない。

『死んでなんかいません』『千の風になってあの大きな空を吹きわたっています』

信じたい!

|

« あと2本、あと2勝 | トップページ | ◆有栖川有栖【孤島パズル】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/3798084

この記事へのトラックバック一覧です: 新井満【千の風になって】:

« あと2本、あと2勝 | トップページ | ◆有栖川有栖【孤島パズル】 »