« 月命日:歳月経れど | トップページ | 動物はいい »

2005.05.28

日常生活用具の給付基準額

デイジー図書(CDの録音図書)を聞くには、普通のCD再生機ではダメで、専用機が必要だ。

昨年度、録音機能のついたPTR1という機器が日常生活用具となり、89800円の定価まで限度額が認められた。
ところが、この4月1日に、突如限度額が55000円に引き下げられた。もう一つの録音・再生機ビクタリーダープラスという機器の価格に合わされたのだ。
ところが、PTR1とビクタリーダープラスとでは、同じ録再機とは言っても機能がまったく違う。機能が充実したPTR1を使いたい利用者は、34800円も自己負担が増えることになる。

これまで録再機しか認められなかったものが、再生専用機(36750円)も日常生活用具になったという点の進歩はあるが、3月31日と4月1日のたった一日であっけなく補助額が減らされたことは、何とも言いようがなかった。

しかし5月25日になって厚生労働省は、基準価格(補助額)を85800円に戻してきた。おそらく、全視情協などの申し入れが受けいれられたのであろう。

これで、利用者は
録音・再生・編集機能を持つPTR1=89800円
録音・再生機器ビクタリーダープラス=55000円
再生専用機PTN1=36750円
再生専用ビクタリーダーの幾つかの機種=36750円
これらの中から、自分の使い方にあった機器を選択することが出来るようになった。

|

« 月命日:歳月経れど | トップページ | 動物はいい »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/4308990

この記事へのトラックバック一覧です: 日常生活用具の給付基準額:

« 月命日:歳月経れど | トップページ | 動物はいい »