« 【ちびくろ・サンボ】追記 | トップページ | FOMAはやはり高い? »

2005.05.22

茅葺屋根の上のアイリス

日曜日の朝日新聞グリーンのBe(onSunday)は今一つ面白くない。
ところが今朝の記事の中に、マレ・ベルニエ村の芝棟(フランス)というのを発見。

屋根のてっぺんがたいへん不思議なことになっている。茅葺(かやぶ)きの棟の上にアイリス(アヤメ科)が並んで咲いているのだ。世にも珍しいアヤメのすし詰め状態。アイリスの根元の土盛りは、多肉植物のセダムが固めていて、夏になると小さな花をつけるという。

マレ・ベルニエというのは、セーヌ川が海に出るあたりに位置したフランスの小さな村。家は246軒、人口は461人。アイリスが屋根で咲くのは40軒ほどだという。

この写真のような屋根をかつて見た方は多いのではないだろうか。そう、日本にもこうした家があった。日本の場合は芝棟と名づけられ、アヤメ科のイチハツなどが植えられていたという。

何だか懐かしい風景に出会ったような気になった。

マレ・ベルニエ村周辺の自然公園のサイト


植物写真家亘理俊次氏は、芝棟を「屋根の花園」と呼んでおられる。

|

« 【ちびくろ・サンボ】追記 | トップページ | FOMAはやはり高い? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/4233137

この記事へのトラックバック一覧です: 茅葺屋根の上のアイリス:

« 【ちびくろ・サンボ】追記 | トップページ | FOMAはやはり高い? »