« 梶原しげる【口のきき方】 | トップページ | iTunesすごい! »

2005.07.11

秋本治【こちら葛飾区亀有公園前派出所】

両さん、浅草で石碑に 漫画「こち亀」1億冊突破で計画(asahi.com)という記事があった。碑文には「友情はいつも宝物」と刻まれるとか。
8月6日は、丁度東京にいる。研修会が終わって少しゆとりを持って新幹線の切符をとったので、もしかしたら行けるかな?新宿からどう行けばいいのだろう?と、方向音痴は考える


先程 徹也の部屋へ行ってコミックスの数をザッと数えたら、なんと300冊くらいはあった。量としては本と同じくらいか?
「こち亀」は[95]まである。このシリーズは、時々借りて読んでいた。こんな警官がいるのかな?中味は忘れてしまった。
もっともこれらは兄(長男)と共同で購入していたものかもしれない。逆に長男の部屋に、共同で買ったものがあるのかもしれない。

兄があまり好きではなく徹也だけが購入していたのが「金田一少年の事件簿」シリーズ。これはテレビドラマになったとき、何故か一緒に見ていた。自分用のテレビがなかった頃だから階下で見ていたのだろう。堂本剛が下手だ下手だと、みんなでこき下ろした。ともさかりえも出ていた。
それがきっかけで、コミックも時々読んでみた。

他のものはまるで関心がなかったが、今見てみると「MONSTER」や「今日から俺は!!」といったものもあった。いずれもシリーズものだ。

亀さんと金田一君は暇なときにボチボチ読んでみようか。つれあいが何と言うだろう?昨日も、「本屋へ行ったら若者の殆どがコミック売り場にいる」などと言っていた。
もっとも自分はいわゆる漫画が嫌いではない。

手塚治虫や横山光輝はよく読んでいた。アトムも好きだが「リボンの騎士」は少女雑誌に連載中からちょっと憧れだった。
学生時代にアトムのカード?集めをしていたことがある。カードをくれた中学生が呆れていた(バイト先の子だったかな)。
自分で最後に買ったのは、「家栽の人」を何冊か。片岡鶴太郎のドラマがきっかけだった。これももうかなり前のことになる。

何だかとりとめなくなってしまった。こんなので良かったのかなぁ。これもバトンリレーの一つ「コミックバトン」です。KOROPPYさんがコミックバトンを受け取りましたでバトンを渡すひとを募集していらっしゃったので、そういえば徹也もたくさん持っていたようだと思ってお願いしてみたもの。
まとめられないということが、書き出してから判りました。
KOROPPYさん、ゴメンナサイ。

こんな記事の後でも、ご自身のコミックについて教えて下さる方、トラバしていただけると嬉しいです。

KOROPPYさんの記事に、トラックバックさせていただきました。

|

« 梶原しげる【口のきき方】 | トップページ | iTunesすごい! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

バトンをつなげてくださって、ありがとうございます。

『こち亀』は夫が同じく100巻ほど所有しているので、
一通り読んだことがあります。
スケールが大きくてテンポが速くて時にめちゃくちゃで、
男版『有閑倶楽部』かなぁなんて感じますね。

投稿: KOROPPY | 2005.07.11 18:38

涼さん、KOROPPYさん こんばんは!

すごいですね、『こち亀』!
コミックスは現在145巻まで出ているようです。
私が小学生のときから連載しているんですよ。
(歳がバレる(^^;)

> 「金田一少年の事件簿」
私は一通り少年マガジンで読みました。
(実は今でも毎週買ってます(^^;)

> 「今日から俺は!!」
こちらは確か少年サンデー連載だったものですね(^-^)
ウチの兄が全巻持っていたので、よく読んでました。
なんだか親しみ沸いてしまいます。(一方的ですが(笑))

投稿: アリス | 2005.07.11 21:01

こんばんは、

>KOROPPYさん

∥男版『有閑倶楽部』かなぁなんて感じますね。

これも、コミックですか?
「金田一少年」などは原作があって、それに問題点があったのでしょうか?まぁ、そんなにたくさんのネタを考えるのって大変でしょうから。でも、探してみたい気がします。

>アリスさん

少年マガジンは二人でお金を出し合って毎週買ってました。今は兄が一人で買って供えています。

∥なんだか親しみ沸いてしまいます。

有り難うございます。こういう繋がりというかご縁が出来て、ブログを始めて良かったなと思うことの一つです。


投稿: | 2005.07.12 19:43

『有閑倶楽部』は一条ゆかり(『りぼん』)のマンガです。
超お金持ちの息子娘6人組が、
ひまつぶしと称してあれこれするどたばた劇です。
中川の経済力をバックに、飛行機をチャーターして何かしたり、
というのと似たものを感じます。

どたばただけじゃなくて、たまにシリアスなものもあり、
ホラーもあり(これがかなり怖い^^;)、
幅広い魅力のあるシリーズですよ~。

投稿: KOROPPY | 2005.07.14 09:45

あ、「りぼん」ですか。

で、比較の対象である「今日から俺は!!」をチョコッと呼んでみました。結構面白かったです (^_^)

はまっちゃいかん (^_^;)

投稿: | 2005.07.14 18:42

こんばんは!

# KOROPPYさん
私、「りぼん」買ってました(^-^)
もちろん「有閑倶楽部」も大好きでしたよ。
(でも、ホラー編はホントに怖いですよね・・・)

# 涼さん
> 「今日から俺は!!」をチョコッと呼んでみました。結構面白かったです (^_^)
三橋くんと伊藤くんと理子ちゃんでしたっけ?
懐かしいな~
面白いので、ぜひぜひハマって下さいね(笑)

投稿: アリス | 2005.07.14 21:47

第1巻目だから、主要人物登場というところです。

ハマっちゃダメなんだってばー(笑)

投稿: | 2005.07.15 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/4926912

この記事へのトラックバック一覧です: 秋本治【こちら葛飾区亀有公園前派出所】:

« 梶原しげる【口のきき方】 | トップページ | iTunesすごい! »