« 角野栄子【魔女の宅急便】 | トップページ | 宅急便 »

2005.07.02

青木和雄【ハッピーバースデー】

ハッピーバースデー
ハッピーバースデー 青木和雄〔著〕
出版  金の星社(フォア文庫C163 )
発売日  2003.12
定価 \600
ISBN  4-323-09029-3
bk1で詳しく見る
「おまえ、生まれてこなきゃよかったよな」 11歳の誕生日、ママと兄のひと言から、あすかは声をなくしてしまう。祖父母の愛と自然の中で回復したあすかは「自分は自分として生きる」と強く心にちかうが…。97年刊の再刊。

教育カウンセラー青木和雄氏の著作。実際にあった話だということで、新聞等でも取り上げられ感動を呼んだ本だという。確かに読んでいて泣けてくる。しかし児童書のゆえか?話の展開が急というか少し端折ったような感を受ける。児童書だからこそ、経緯を追うだけではない丁寧な作り込みがほしいと思うのだが。
最後の話し合いの会にしても、その通りだとすると素晴らしいが、人は人前でにわかにあれだけ変われるものだろうか?

そうしたこともあるのか、今回新たに小説として刊行されたようだ。吉富多美氏も著者のお一人として挙がっている。「ハッピーバースデー

もう少し追記するかもしれない。

ハッピーバースデー

|

« 角野栄子【魔女の宅急便】 | トップページ | 宅急便 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ハッピーバースデーは私もすっごく大好きです!でも・・・悲しすぎる・・・何回読んでも涙があふれます・・・・・。

投稿: アイ | 2006.03.02 14:17

アイさん、はじめまして。

母に愛されない子って、悲しいですね。でも母親も、また母に愛されていないと思っていたという悲しさもあって、切なくなりますね。

投稿: | 2006.03.03 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/4794417

この記事へのトラックバック一覧です: 青木和雄【ハッピーバースデー】:

« 角野栄子【魔女の宅急便】 | トップページ | 宅急便 »