« ボランティアの限界 | トップページ | 木のイス »

2005.07.15

漣健児さん死去

2日ほど前、テレビを偶然見る。追悼番組らしい。
その内、平尾昌章や飯田久彦、弘田三枝子といった面々や森山加代子、佐々木功なども登場。40年ほど前によく歌われていた歌が聞こえてくる。
どうやら亡くなられたのは、漣健兒さんという方のようだ。日本のロックシーンの原点を作った男として有名な方だとか。

そう、これらの歌は、殆どを知っている。往年の可愛かったロック歌手の映像も懐かしく、つい少し見てしまった。

NIKKEI NETでは、
<追想録>訳詩家「漣健児」として活躍──シンコーミュージック・エンターテイメント前会長の草野昌一さんとしてニュースを流していた。

原詩から超訳した詞で、歌手にピッタリな雰囲気を作っていたという。
代表曲といえる、「ルイジアナママ」「可愛いベイビー」 「ヴァケーション」を始め、「赤鼻のトナカイ」や「ミッキーマウス・マーチ」もこの方の訳詞だったのか。ポール・アンカの歌った「ダイアナ」は、「思い出のダイアナ」となっていたのだったっけ?

漣健児のワンダーランドというサイトから、以下の言葉を引用

漣(サザナミ)健児の名前は知らなくても
漣(サザナミ)健児の歌は誰もが知ってる。
日本のロックシーンの原点を作った男

|

« ボランティアの限界 | トップページ | 木のイス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/4981895

この記事へのトラックバック一覧です: 漣健児さん死去:

« ボランティアの限界 | トップページ | 木のイス »