« 西村京太郎「明日香・幻想の殺人」 | トップページ | 笑わない数学者 ビリヤード解答 »

2005.08.24

「青の炎」の母親像

先にへいぽーさんへのコメントに書いたように、この小説の母親の気持ちがわからない。

曾根隆司が余命幾ばくもないことを知っていたのなら、3人でよく話し合っていれば悲劇は防げた。
もし知らなかったとしても、と書いて、ふと恐ろしいことを思った。知らなかったとして……

母親は、秀一がどういう行動をとるか判っていたのではないか?それを防ぐ方向ではなく、むしろ自分の態度から助長する方へと向けていたのではないか。
曽根の死後、友子は「よかったと思っている」と言っている。曽根の死を望んでいたことは確かだ。

そして最後に、友子は罰を受ける。

|

« 西村京太郎「明日香・幻想の殺人」 | トップページ | 笑わない数学者 ビリヤード解答 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/5607966

この記事へのトラックバック一覧です: 「青の炎」の母親像:

« 西村京太郎「明日香・幻想の殺人」 | トップページ | 笑わない数学者 ビリヤード解答 »