« エド・マクベイン「われらがボス」 | トップページ | 新聞の契約更新 »

2005.09.20

エド・マクベイン【ハートの刺青】

ハートの刺青

エド・マクベイン/著
高橋 泰邦/訳

税込価格 : \588 (本体 : \560)
出版 : 早川書房
サイズ : 文庫 / 268p
ISBN :4-15-070754-5
発行年月 : 1976

エド・マクベインのアリソナ八七分署シリーズ第4作目。
もしかしたら交錯するのかと期待させつつ、二つの事件が進んでいく。詐欺と殺人。

地道に詐欺事件に取り組んでいるアーサー・ブラウン。
前回の「通り魔」で活躍して三級刑事に昇格したバート・クリング。彼はクレアと親密度を増している。

だが、今回の中心は何といってもスティーヴ・キャレラの妻テディだ。
彼女は口がきけない。だが、体中で表現できる。その一つ一つが愛らしく、魅力的だ。彼女は東洋的な(つまり奉仕しようとする)愛情表現をすると書かれているが、愛する相手を如何に理解するか・如何に伝えるかという事だろう。

宮場みゆきの「龍は眠る」の七恵を思い出す。彼女もまた、相手の話を一心に聞き自分の言葉を伝えていた。

関連記事
警官嫌い
通り魔
われらがボス

|

« エド・マクベイン「われらがボス」 | トップページ | 新聞の契約更新 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/6032636

この記事へのトラックバック一覧です: エド・マクベイン【ハートの刺青】:

« エド・マクベイン「われらがボス」 | トップページ | 新聞の契約更新 »