« 9月分索引 | トップページ | 防災の日 »

2005.09.01

エド・マクベイン【通り魔】

通り魔

エド・マクベイン/著
田中小実昌/訳

税込価格 : \630 (本体 : \600)
出版 : 早川書房
サイズ : 文庫 / 292p
ISBN : 4-15-070752-9
発行年月 : 1976


エド・マクベインのアリソナ八七分署シリーズ第2作目。

第1作「警官嫌い」で活躍したスティーブ・キャレルは、新婚旅行中。
今回は、ニューヨークと目されるアイソラ市の八七分署管内を通り魔が襲う。
また、若い娘の殺人事件もあり 前作で負傷したパトロール警官バート・クリングの活躍となる。

八七分署のそれぞれの刑事達の地道な捜査と彼らの人物像も興味深い。
こうして毎回新しいヒーローが登場するのだろうか。

訳者の田中小実昌氏のあとがきも楽しい。ご自身、エッセイなど書いておられるようだ。なるほどエッセイ的なあとがきだった。

殺人事件に関しては、途中もしかしたらと読める部分があるが、それが興味を殺ぐことはない。

週末用に「われらがボス」「ハートの刺青を購入。

|

« 9月分索引 | トップページ | 防災の日 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/5741877

この記事へのトラックバック一覧です: エド・マクベイン【通り魔】:

« 9月分索引 | トップページ | 防災の日 »