« カウントダウン信号 | トップページ | 松本清張【点と線】 »

2005.10.09

東野圭吾【私が彼を殺した】

私が彼を殺した
私が彼を殺した
東野 圭吾〔著〕
出版社 講談社(講談社文庫)
発行年月  2002.3
価格 \730 (本体 : \695) 
ISBN  4-06-273385-4
bk1で詳しく見る
婚約中の男性の自宅に突然現れた1人の女性。男に裏切られたことを知った彼女は服毒自殺をはかった。男は自分との関わりを隠そうとする。醜い愛憎の果て、殺人は起こった。容疑者は3人。 事件の鍵は女が残した毒入りカプセルの数とその行方。加賀刑事が探りあてた真相に、読者のあなたはどこまで迫れるか。
物語は、この殺人の動機を持つ3人のモノローグで展開していく。

「あなたはどこまで迫れるか」とあるように、最後まで犯人は明示されない。袋とじ解説があるのでそこで明示してあるのかと思いきや、それもない。従って、最初から再度カプセルあるいはピルケースの行方を追わなければならない。これと思うところに付箋を付けておいて良かった。

だが、最後の詰めの部分(登場人物以外の指紋)が、ちょっと弱いような気がする。消去法でいくにしても、余りにも単純だから。
また最後まで判りにくかったのが、美和子の心情。

東野作品索引

私が彼を殺した」東野圭吾
2002年3月15日第1刷発行
2005年8月12日第12刷発行

|

« カウントダウン信号 | トップページ | 松本清張【点と線】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/6317807

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾【私が彼を殺した】:

« カウントダウン信号 | トップページ | 松本清張【点と線】 »