« 幅員 | トップページ | ドラマ「いくつかの夜」 »

2005.10.15

ブログと人格

よく「メールを書くと人が変わる」と言われる。これはどういう意味か?人それぞれ受け止め方は違うだろうが、確かにそう指摘されることに違和感はない。

ブログはどうか。これも、メールと同じ事が言えそうだ。
普段の自分を知っていてここを覗いてくれている人から「いつもの涼さんと違う一面が見られる」といった言葉を頂いたことがある。
その通りだと思う。でも、ここの自分も又紛れもなく自分自身なのである。

ブログのことは、家族には教えていないし、知人にも積極的には(書いていることを)知らせていない。どちらかというと、みて欲しくない人もいるから。

Tompeiさんのブログ人格という記事を読んで、同じようなことを感じました。トラックバックさせていただきました。

|

« 幅員 | トップページ | ドラマ「いくつかの夜」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。トラックバックありがとうございます。

>でも、ここの自分も又紛れもなく自分自身なのである。

本当にそのとおり。ブログの人格が「虚」というわけではありませんよね。思えば、不思議な世界ですね、ブログって。

投稿: Tompei | 2005.10.16 00:27

最初は無意識に自分を投影していないつもりが、徐々にある部分の自分が出てくる。又そうでないと続かないんじゃないかしら?

投稿: | 2005.10.16 08:54

>ここの自分も又紛れもなく自分自身なのである

たしかにその通りだと思います。
私も別に知られて困るようなことは書いてない(…と思いたい)ですが、恥ずかしさもあって、積極的には周りに話していません。
でも、実際に会った時、イメージと違うと言われることは、良いことなのか…悪いことなのか…。
良い意味で違っていて欲しいなと思います。

投稿: 居眠り大王 | 2005.10.16 10:35

大王さま

∥良い意味で違っていて欲しいなと思います。

ブログって、ちょっと違う自分というものがあって照れくさいと感じることもありますよね。
でも、本物?をご存じない方の印象がどうなのか、楽しみな面もあります。

投稿: | 2005.10.16 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/6403338

この記事へのトラックバック一覧です: ブログと人格:

« 幅員 | トップページ | ドラマ「いくつかの夜」 »