« 津村秀介【横須賀線殺人事件】 | トップページ | 夜の新幹線 »

2005.11.14

横山秀夫【半落ち】

半落ち
横山 秀夫〔著〕
出版社 講談社(講談社文庫)
発行年月  2005.9
税込価格 : \620 (本体 : \590)
ISBN  4-06-275194-1
bk1で詳しく見る
請われて妻を殺した警察官は、死を覚悟していた。全面的に容疑を認めているが、犯行後2日間の空白については口を割らない「半落ち」状態。男が命より大切に守ろうとするものとは何なのか。感涙の犯罪ミステリー。

人は誰のために生きているのだろうか?生きていることの難しさを問われた本だった。

キーワードは、50年(但し、今年から54年になっている)。

妻を殺したと自首してきた、W県警察本部の教養課次席梶聡一郎。映画でこの梶を演じた寺尾聡の相貌がずっと浮かんでいた。

空白の二日間を巡っての警察と検察の攻防。梶と関わる取調官・検察官・新聞記者・弁護士・裁判官・刑務官の、野望と挫折。それぞれに家庭があり、それぞれのドラマがある。

様々な人間模様を描きつつ、最後まで謎は解けない。

そうなのだ。佐瀬も植村も志木も。敵も味方もなく、各々が立場を超えて梶を静かに見守っている。
そっとしておいて下さい。
一つぐらいは、自慢話を持っていたい――
『命をありがとう』

誰もが、梶の澄んだ目に影響を受け、死なせまいとしている。しかし、梶の後半生はどうなるのだろう。それを19歳の少年に託すことは、可能だろうか?

人は、誰のために生きているのだろうか?誰のために、死ぬことが出来るのだろうか?

半落ち
2005年9月15日第1刷発行

|

« 津村秀介【横須賀線殺人事件】 | トップページ | 夜の新幹線 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/7103193

この記事へのトラックバック一覧です: 横山秀夫【半落ち】:

» 半落ち [眩暈]
読了。(久々...) えーっと、これも昨年の年末に読んでたもの。前から読みたいと思ってたのですが、文庫化されたのを機に購入。 んで、例によって、帯とか、背表紙から─ === 帯より === 日本中が震えたベストセラー 待望の文庫化 妻を殺し、それでも生きる。...... [続きを読む]

受信: 2006.04.03 03:21

« 津村秀介【横須賀線殺人事件】 | トップページ | 夜の新幹線 »