« 手帳活用術 | トップページ | 新書を読む »

2006.01.22

【「明星」50年601枚の表紙】

myojo 50nen 601maino hyoshi 明星編集部〔編〕
出版 集英社(集英社新書)
発売日 2002.11
定価 \1,050 (本体 : \1,000)
ISBN  4-08-720170-8
bk1で詳しく見る

「平凡」「明星」を、自分で買って読んだことはない。夏休みに郡上(岐阜県)へ行くと、親戚宅にその家のお姉さんが読んでいる本があった。どちらだったかは覚えていない。
当時人気のあった映画スターの生い立ちなどを読んだ記憶がある。表紙については、特に惹かれたという印象は残っていない。

この本が新書だったことは届いて始めて知ったのだが、新書なのにズシリと重い。まさに601枚のカラー写真を収めたグラフ誌である。1952年10月創刊号を飾ったのは、津島恵子だった。この年は、原節子、高峰秀子と続く。

以下、10年ごとに橋本治氏による解説が入る本書は、まさに戦後の芸能誌そのものである。

それぞれの年代のキーワードとしては、50年代が「赤いイコンの女優達」。上の三人や美空ひばり、香川京子、岸恵子。後半には、若尾文子や淡島千景も登場する。この間男優の表紙は、鶴田浩二と佐田啓二のみ。本書には、佐田啓二のところには、わざわざ(中井貴一の父)と記してあった。

60年代は、吉永小百合が活躍した映画の時代。浅丘ルリ子もデビューする。
1962年12月号に、ひばりと小林旭がツーショットで登場しているが、これは珍しい部類だろう。婚約発表はこの年だったのだろうか。
女優一人での表紙が大半だったが、この年代後半からは女優と男優の共演?となる。

70年代は篠山紀信が撮影を担当。山口百恵が現れて、去っていく。

その後の表紙は大勢で構成されることが多くなってくる。個でアピールする時代が終わったのだろうか。
そして、90年代は男性アイドル、それもジャニーズ達が集団で表紙を飾って、10代の女の子達にほほえみかけている。

それまでは、みんな同じように屈託なく明るく笑っていた表紙が、時にキムタクのキッとこちらを見据える目の月もあり、創刊当初と比べてみると、随分変化したものだ。

こうした表紙の変化は何もひとり「明星」に限らないが、この本は同時に芸能誌の変遷をも語っている点に、特徴があろう。


「明星」50年601枚の表紙
2002年11月20日第1刷発行


|

« 手帳活用術 | トップページ | 新書を読む »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
香川京子さんの出ている広告についても
とりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

投稿: kemukemu | 2007.01.14 21:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8261358

この記事へのトラックバック一覧です: 【「明星」50年601枚の表紙】 :

» 【書名】 カラー版「明星」50年 601枚の表紙 [PukiWiki digital-momonga (PukiWiki/TrackBack 0.3)]
[一覧] 書籍一覧 【書誌目次情報】 カラー版「明星」50年 601枚の表紙 [集英社 2002/11/20] この本の要約 † 関連情報 † 集英社 「明星」50年601枚の表紙 http://shinsho.shueisha.co.jp/kikan/0170-b/index.html 集英社BOOKNAVI http:/... [続きを読む]

受信: 2006.02.07 01:21

« 手帳活用術 | トップページ | 新書を読む »