« 出発まで | トップページ | マルチメディアDAISYキャンペーンセミナー »

2006.01.31

寝台特急「出雲」

izumo
byモブログ

この写真は、1月30日11時6分に出雲市駅ホームから投稿したもの。丸一日後の追記です。

さて、無事「出雲」に乗車。とまもなく発車のベルが鳴る(鳴ったかな?)。21時10分、定刻通り発車。東京駅を離れるときは、有楽町駅を見るのが恒例というわけで、しばらく通路に立っている。
この列車については、このページで詳しく紹介されている。東京から京都までは電気機関車に牽引されて、京都からディーゼルカーに変わる。

シングルAデラックスで、個室。つれあいとは隣同士の部屋になる。ちゃっかり偶数番をゲット。だってー、申し込んだのは涼なんだもん。この部屋の様子も上記サイトで丁寧に紹介なさっている。

次の日に早起きするために、はやばやと着替えと洗面を済ませてベッドメーキングをする。洗面台も意外と大きい。
なに、外が見えなくても眠れなくても本は4冊も持ってきているので退屈などしない。だから荷物が重いのだが……
10時になると消灯のアナウンスがある。こんなに早く就寝していいのと、普段真面目な?人間はちょっぴり罪悪感(オーバー (^_^;) を感じつつ、11時過ぎには明かりを暗くする。

しかし、列車というのは揺れるものだ(当たり前)。停車アナウンスはないが、夜中でもその都度目を覚ましていたと思う。停車することで揺れるリズムが少し狂うのと、発車時のゴトンという音(これが好きなのだが)が案外大きく響くからだろう。よく眠れるとは言い難い。

しかし、朝は「まもなく香住です」というアナウンスで目が覚めた。外はまだ暗いが、カーテンを開ける。変化があったとは言え懐かしい日本の風景(と、自分が感じているもの)が流れていく。
餘部鉄橋通過の前にもアナウンスがあった。通路へ出る。こうして毎日何事もないように通過しているが、やはり忘れられるものではない。思わず下を見る。

浜坂(7:21着)で車内販売が乗り込んでくる。少し早いが弁当を買って朝食。早くないか!
米子駅では長く停車しているので、ホームへ下りて後ろへ行き5号車から乗り込んでみる。もと食堂車で今はサロンカーのようになっている。ここへお弁当を持ってきて食べたらよかった。
車内を通り抜けていくが、既に下車した人も多いのか閑散としている。廃止というのもやむを得ないのだろう。

汽車は鳥取・倉吉・米子と通過して松江を出たところで宍道湖の紹介があった。
200601291149000.jpg

右手なので通路でしばらくたたずんでいる。あいにく雨模様で湖面がボンヤリかすんでいるが、それも情緒があってよかった。部屋へ入っても、しばらくドアを開けておく。

およそ14時間弱の旅は、長いようでもありあっという間でもあった。
3分遅れて10時54分、出雲市着。チョコッと写真を撮ってモブログで即投稿。
さて、次の汽車まで2時間以上ある。どうしようか?

yoshiさんの消えゆく寝台特急出雲にトラックバックさせていただきました。

関連記事
らんぷの湯(2月1日)
出発まで(30日)


|

« 出発まで | トップページ | マルチメディアDAISYキャンペーンセミナー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
おおぉっ、ついに出雲に乗車されたんですね!
詳細、楽しみにしております(^-^)

投稿: アリス | 2006.01.30 23:03

アリスさん (^_^)

行って来ましたよー。
楽しかったです。汽車は、何時間乗っていても全然退屈しないのです。

投稿: | 2006.01.31 00:05

文化年齢チェック、JR(国鉄)の列車は汽車と言ってしまう。物心ついた頃から高校まで蒸気機関車を見続けて来た自分もやっぱり汽車なんですねえ(笑)。
電化区間じゃない場所も引っ張るディーゼル機動車ですね。客車は伝統のブルートレイン。
寝台特急だと、夕鶴、日本海、なんていうのに昔昔乗ったことがあります。

投稿: | 2006.01.31 00:54

惑さん、

そうブルトレです。でも、乗っているときには実感ないのですね。

文化年齢ですか(笑)
私鉄が網の目のように張り巡らされてJRが危機感を抱いている(ホント?)関西人ですが、汽車が好きです。

投稿: | 2006.01.31 12:04

こんばんは!
詳細キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
「出雲」、ご堪能されたようで何よりです(^-^)
シングルAデラックスですか。イイなぁ~
「らんぷの湯」も駅から近くて、電車の待ち時間に利用するにはぴったりですね。
サンライズ瀬戸は乗ったから、今度はサンライズ出雲に乗ってみようかな?

投稿: アリス | 2006.02.02 00:26

アリスさん、

東京駅で、ちょうど反対側が「サンライズ」の入線ホームでした。
サンライズ「出雲」と「瀬戸」は、途中まで一緒に牽引されているようですね。
「出雲」が26時間近くかかるのに対して、サンライズは24時間位で着くようです。
東京を遅く出て、先についているのですね。

投稿: | 2006.02.02 01:28

はじめまして。
ランプの湯 で検索したらこちらに辿り着きました。
当地へお越しだったようですね。
その頃の天気は・・・・・・・・いかにも山陰の冬を代表すると言いましょうか。 な感じだったと思います。
心に留まるものに出会えたのであれば、当地へ再訪なされて下さい。 心よりお待ち申し上げております。

投稿: nimo5 | 2006.02.06 13:36

nimo5さん、ようこそお越しくださいました。

せっかくの訪問でしたが、ゆっくりと遊べませんでした。今度チビさんを連れてまた訪れますので、よろしくお願いいたします。

丁度暖かい日で、つかの間の出雲を楽しませていただきました。

投稿: | 2006.02.06 21:26

ご返答ありがとうございました。
駅を出ると田舎の情緒もたくさんございます。
またお越し下さい。

投稿: nimo5 | 2006.02.07 06:53

nimoさん、再びありがとうございます。
是非また訪問させていただきたく思っています。

投稿: | 2006.02.07 20:16

いいなー余裕があって。おっさんは金欠で、どこにもいけないよ~。

はじめまして、みゅーじっくおっさんです。
名前のとおり音楽が大好き。
昔つくった曲を、思い切ってポッドキャスティング配信始めました。
その他にも、昔なつかしい、話や時事の話題など、日々の日記などもあります。
たのしいブログを目指しています。
始めたばかりで未熟者ですが、よろしくお願いします。

投稿: みゅーじっくおっさん | 2006.02.23 15:01

みゅーじっくおじさん、ようこそ。

∥いいなー余裕があって

いいえー、色々節約して決心したわけです。

投稿: | 2006.02.23 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8413429

この記事へのトラックバック一覧です: 寝台特急「出雲」:

» 消えゆく寝台特急出雲 [善福寺手帳]
消えゆく寝台特急 「出雲」も3月ダイヤ改正で廃止 [産経 06.01.26] …午後8時59分、ブルーの車体に照明や信号機の光を反射させ、東京駅十番ホームに「出雲」は入線した。電源車の低いうなりが、旅の期待を膨らませる。… 3月で廃止になる寝台特急「出雲」の同乗レポート。まあ、ノスタルジーではあるのですが。 そういえば白鳥を見たいなあと思ったあなた!寝台車に乗って宍道湖の白鳥を見に行く旅はどうですか! [06.01.30追記: 『郷愁』で私の記憶も美化されてしまっているのでしょう... [続きを読む]

受信: 2006.01.30 20:16

« 出発まで | トップページ | マルチメディアDAISYキャンペーンセミナー »