« 今年やりたいこと | トップページ | 柳澤桂子【生きて死ぬ智慧】 »

2006.01.01

◆那須正幹【ズッコケ中年三人組】

zukkoki chunen sannningumi 那須正幹〔著〕
出版 ポプラ社
発売日 2005.12
定価 \1,050 (本体 : \1,000)
ISBN  4-591-09087-6
bk1で詳しく見る
あのズッコケ3人組も、28年を経て不惑の歳を迎えた。さて、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんの人生は? カバー裏にはシリーズ全50巻の表紙を掲載。「ズッコケ3人組」シリーズで育った大人たちに贈る。

息子達が小学生の頃、夢中になって読んでいたシリーズ本。はじめて出版されたのが1978年というから、長男が生まれた年だ。その頃彼ら三人組は既に小学校6年生だったわけで、あれから28年。不惑になった彼らはどうしているだろうかという設定。
昨日届いたので、供えておいて、長男よりも先に読んでしまった。
もっとも自分はシリーズを全部読んだわけではなく、今回登場する怪盗エックスの事件も知らない。

読み始めは多少の違和感があった。しかし、怪盗エックスが登場するあたりから面白くなってきた。
三人はやはりズッコケ三人組だった。

事件としては、正月らしく(事件は夏休みに起こっているが)痛み分けの形で終わっている。

ここではもう一つ、家族間のことや教育問題もサラリと盛り込んである。最終部分、

しかし、もう少し教師をつづけてもいいかなと、ハカセは思いはじめたのは確かだった。
は、少し泣かせる。
モーちゃんも、妻と娘が帰ってきてくれてホッとするし、ハチベエ夫婦は同窓会を計画する。


カバーの裏側にある全50巻の表紙絵には圧倒される。そういえば、挿絵家が途中で急逝され、交替したのだった。
裏表紙の見返しには当時の教室風景が描かれており、これも懐かしい。


ズッコケ中年三人組
2005年12月第1刷


|

« 今年やりたいこと | トップページ | 柳澤桂子【生きて死ぬ智慧】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/7941500

この記事へのトラックバック一覧です: ◆那須正幹【ズッコケ中年三人組】:

« 今年やりたいこと | トップページ | 柳澤桂子【生きて死ぬ智慧】 »