« pennaのペンケース | トップページ | PTR2説明会 »

2006.02.09

ゆく道

定例会後、一旦電車で移動し、買い物のあと駅前でバスを待っていたときのこと。16時前。

一人の老婦人がベンチにかけていた。傍らには、その人の娘さんくらいの年の女性が立っている。

『あのバスかなぁ』
『色がちがうよ。あ、今行ったのと同じ色のバス』
『30分に一本くらいくるのかな?』
『そうやねぇ』

『行ったばっかりやったんやろか』
『そんなことないよ、もう7・8分で来るよ』
『連れてきてもろて、どないお礼しよ』
『わたしはE子さんの代わり。お礼なんていいんよ』

『バス来るかなぁ、日の暮れんうちに帰れるかなぁ』
『だいじょうぶ、帰れるよ』

この辺りで、あれっ?と思う。

『あのバスかなぁ』
『あれは黄色でしょ。赤い色のバス』
『今行ったとこかなぁ』
『もう5分もせんと、来るよ』

『何行きに乗るんやった?』
『N駅行きよ』
『そっから、またバスに乗り換えるの?』
『ううん、もう降りるだけ』

『日の暮れんうちに帰れるかなぁ』
『だいじょうぶよ』

『何お礼したらいい?』
『○○さんが、楽しかったらいいの』

親子ではなく、娘に頼まれて買い物に来たのらしかった。

バスに乗っても、ずっと同じ調子の会話は続いていた。

母娘でないから、こうした会話ができるのだろうか?
ほのぼのとした、いい雰囲気だった。


|

« pennaのペンケース | トップページ | PTR2説明会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8581205

この記事へのトラックバック一覧です: ゆく道:

« pennaのペンケース | トップページ | PTR2説明会 »