« マルチメディアデイジー講習会 | トップページ | ロディア:ブロックメモ »

2006.02.06

◆【「Y」の悲劇】

Y no higeki 有栖川有栖〔ほか著〕
出版 講談社(講談社文庫)
発売日 1996.4
定価 \560 (本体 : \533)
ISBN  4-06-264912-8
bk1で詳しく見る

有栖川有栖、篠田真由美、二階堂黎人、法月倫太郎が、同じテーマで書き継いでいく書き下ろし短編集。

こうした短編集は、お目当ての作家のもの以外はあまり読まないことも多く、正月に読んでいた本も途中放棄している。今回は一応全部読んだ。

有栖川有栖は、デビュー作の「月光ゲーム」のサブタイトルに「Yの悲劇」を持ってきているくらいクイーンファンだ。その後も国名シリーズを出している。
本書「あるYの悲劇」も、有栖と火村コンビが事件を解決する。
クイーンの「Xの悲劇」から始まるダイイングメッセージものは、強引すぎる嫌いがあるが、著者のものもそれに近い印象を受けることが多い。しかしこれは、比較的納得できなくもなかった。

篠田真由美の「ダイイングメッセージ《Y》」は、蒼が語り手になっている。本書の中では一番面白かった。二重にトリックが仕組まれている(厳密にはトリックとは言えないが)。

二階堂黎人の本は何か読み始めて途中放棄したことがある。その先入観もあるのかもしれないが、構成もトリックも面白くなかった。氏の小説の中ではお馴染みの登場人物なのだろうか?

法月倫太郎の二階堂親子ものは、以前にもこうしたアンソロジーで読んだことがある。クイーン警視と息子をなぞっているのか?
動機はともかく、トリックもちょっと弱い気がする。

クイーンの「Xの悲劇」は非常にこじつけた《X》が好きでなかった記憶がある。がしかし、本家の《Y》を読んでみるとするか。

有栖川有栖 索引

「Y」の悲劇
2000年7月15日第1刷発行
2000年9月 1日第3刷発行


|

« マルチメディアデイジー講習会 | トップページ | ロディア:ブロックメモ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8511186

この記事へのトラックバック一覧です: ◆【「Y」の悲劇】:

« マルチメディアデイジー講習会 | トップページ | ロディア:ブロックメモ »