« 清原が新喜劇デビュー | トップページ | 久世光彦【触れもせで】 »

2006.02.21

君には君の

先日用意したテキストを使っての、今日は本番。
もっともテキストそのものは、きちんと製本してくれる人がいるので彼女が打ち合わせを兼ねて持っていってくれた。
今回は、年末に受けた人が多いのだが、初めての人もいてバランスがやや難しい。

一つ聞くと先へ進みたがる人もいて、
「あなた、手が早いのねぇ」
「先生は、(見つけるのに)目が早いですね」
等という会話も時に交えつつ、一日コースなのでかなり飛ばしてしまった感がある。

以前にも書いたが、図書館の方も非常に熱心で、昨年度の受講生達はかなり実際に活動なさっているという。

終了後、受講生のお一人から手紙を頂いた。ここを見て下さっているという。

メールを差し上げたいので、いつかさりげなくどこかへコメントをつけて下さい。


|

« 清原が新喜劇デビュー | トップページ | 久世光彦【触れもせで】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8771412

この記事へのトラックバック一覧です: 君には君の:

« 清原が新喜劇デビュー | トップページ | 久世光彦【触れもせで】 »