« 捨てる!スッキリ生活 | トップページ | 北の檸檬 »

2006.02.25

氷上の舞

目が覚めたら9時を廻っていた。誰もいない。

線香をあげてから、慌ててテレビをつける。丁度、アイスダンスの金メダリスト二人がアンコールに応えているところだった。

良かった、間に合った。

本番もそうだったが、実に堂々としていて華がある。ご本人はこのあとプロを希望しておられるそうだ。『疲れていても滑るからにはいいものをみせたい』という言葉通り、「魅せる」ものがある。


そう、本番もずっと魅了された4分間だった。直後に演技をした村主章枝は、線が細い感じがしてやや損をしたのではないか。ミスもなくよかったが、あまりにも直前に圧倒されすぎた。


ずっと密かに待っていた、女子フィギュア。もしかしたらという期待はあったが、口に出すと溶けてしまいそうで怖かった。


荒川静香さん、金メダル本当におめでとう!


関連新聞記事(いずれも、asahi.com)
悩んだ女王、再び笑顔 荒川、銀盤を優雅に舞う
荒川、伸びやかな滑り フィギュア・エキシビション


|

« 捨てる!スッキリ生活 | トップページ | 北の檸檬 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/8826700

この記事へのトラックバック一覧です: 氷上の舞:

« 捨てる!スッキリ生活 | トップページ | 北の檸檬 »