« 内田百閒【第一阿房列車】 | トップページ | 【男の隠れ家】 »

2006.03.21

彼岸の中日

お彼岸の中日である。

彼岸・此岸。川を隔てて、むこう側とこちら側。渡るまではいつまでも、むこうとこちら。

今日の朝日新聞天声人語では、折口信夫の「死者の書」について触れられていた。
読んではいないが、内容からして、大津皇子と当麻曼荼羅にちなんだ話であろうか?中公文庫にあるらしい、購入検討。


お彼岸と言えば、ぼた餅。同じものを、春はぼた餅、秋はおはぎと呼ぶ。大きさが違うといった蘊蓄もあるらしいが、咲く花に例えた話、無粋なことは言うまい。


子どもの頃、おはぎ作りは父の仕事だった。ドッサリと重量感のあるおはぎはあまりにたくさんあって、そんなに好きではなかった。

子どもの頃嫌いだった食べ物を、大人になって好きになることがある。

里芋は、正月料理の中でいつも余っていた。
祖父が送ってくれる干し柿を、私達姉妹は食べなかった。

今、ゆっくり煮含めた里芋の煮転がしは好物である。
あんなに邪魔扱いされた干し柿は、心動いても高くてなかなか買わない。


とりとめのないことを書いている、彼岸の中日。
つれあいは、今からWBCを観るらしい。


|

« 内田百閒【第一阿房列車】 | トップページ | 【男の隠れ家】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ぞふぃです。
こちら東京の御中日はおだやかに晴れ上がっていい日和です。

涼さんの「とりとめのない」話題は、私とっても好きなのです。あたたかい気分になります。涼さんのお人柄ゆえなのかな・・・

WBC、我が家では今夫と息子(小2)が観戦中です。(ただサッカー小僧の息子にはずっと観ているのはつらいようで、時折様子を見に行く程度の観戦なのですが・・・)

投稿: ぞふぃ | 2006.03.21 12:48

ぞふぃさん、

ありがとうございます。昔ばなしになると、なつかしい様々なことが思い出されるのです。そして、つい先ほどのことは、忘れるようになりました(苦笑)

せっかくリードしていたのに、1点差になったようですね。
終わるまで買い物にも行けず、(やや諦め気味で)ノンビリと時間を過ごしています。

冬物衣類も、そろそろ片付ける算段をしなければ……

投稿: | 2006.03.21 14:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/9186309

この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸の中日:

« 内田百閒【第一阿房列車】 | トップページ | 【男の隠れ家】 »