« イチローの笑顔 | トップページ | 補助犬の受け入れで検討会 »

2006.03.22

【えんぴつで奥の細道】

enpitude okuno hosomiti 大迫閑歩〔書〕伊東宏〔監修〕
出版 ポプラ社
発売日 1996.1
定価 \1,470 (本体 : \1,400)
ISBN  4-591-09089-2
bk1で詳しく見る

先日届いた本。既に6刷りということは、よく売れているのだろうか。
芭蕉の「奥の細道」全文を、日毎に記し、更にそれを下敷きに上から鉛筆でなぞり書きするようにしてある。字体は硬筆教習本のような印象で、ところどころ「一文字アドバイス」として字の書き方が説明してある。

「奥の細道」を読むことを兼ねてというよりは、字の練習本のようだ。
母へのプレゼントにと思ったのだが、肝心の透かして写す文字がいかにも薄すぎる。濃いと上からなぞりにくいからだろうが、母には見にくいかもしれない。
写経の時のようなのを想像していたので、ちょっと見づらいかなと思う。

関連記事:「えんぴつで奥の細道」のこと(06.06.12)

えんぴつで奥の細道
2006年1月23日第1刷発行
2006年3月9日第6刷


|

« イチローの笑顔 | トップページ | 補助犬の受け入れで検討会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/9116404

この記事へのトラックバック一覧です: 【えんぴつで奥の細道】:

« イチローの笑顔 | トップページ | 補助犬の受け入れで検討会 »