« 坂井宏先さんと「ズッコケ三人組」 | トップページ | ココログからのお知らせ »

2006.03.19

捨てる!スッキリ生活

第11週:領収証・公共料金の計算書

確認したらもう不要

金額をチェックしたら、家計の管理のために使うくらいしか用途はないということだ。これらは、捨てる人は即捨てる、捨てない人はいつまでも取っておくのではなかろうか。
家計簿に記帳しているし、口座でも引き落としが確認できるのだから、直近のものだけ取っておいて捨てても問題はないだろう。
ただ、直近のものは残しておかないと、住所確認等で必要なことも出てくる可能性もある。

我が家には、税金や強制保険等の領収書入れ・クレジットカードの控え・そして公共料金その他の領収書用と、三つの引き出しを備えた専用の小箪笥がある。
公共料金やクレジットカードの領収書・控えは1年間保存していたが、これらをある程度整理したら、引き出しの中がスッキリとした。

コンビニ支払いやEdy支払いの領収書は、大ざっぱに種類に分けてクリップで留めている。

これとは別に、クレジットの支払いお知らせは、封筒に入れて1年分保存している。新しいものを後ろへ入れるので、前へ出てくる1年前のものをシュレッダーにかけるようにしている。
もう少し期間を短くして、封筒の中味を減らしてもいいかもしれない。


【捨てる!スッキリ生活】索引→FC2ブログ

捨てる!スッキリ生活
2005年11月25日第1刷発行


|

« 坂井宏先さんと「ズッコケ三人組」 | トップページ | ココログからのお知らせ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/9087175

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる!スッキリ生活:

« 坂井宏先さんと「ズッコケ三人組」 | トップページ | ココログからのお知らせ »