« 君は川を幾つ渡るか | トップページ | 小さな思い出 »

2006.05.12

都の障害者年金、廃止含め検討へ

都の障害者年金、11年にも破綻の恐れ 廃止含め検討へ(asahi.com)

低金利・掛け金の値上げによる加入者離れ等厳しい条件の中、都の障害者年金制度が破綻しそうだという。
全廃も含めて審議されるのは、掛け金を払った保護者が死亡したあと、残された身障者に月額3万円が終身支給される、都独自の年金制度。
全廃も含めての具体的な方策については、今日の午後行われた審議会に諮問した。この秋までに方針をまとめる方向だという。

都は、(金利などの)見通しが甘かったと認めているというが、『障害者に対する支援制度も充実してきており、年金制度の役割は後退した』とするのはどういうものだろう?

審議会委員の一人で、都知的障害者育成会の山内美代理事長は「作業所での月収が1、2万円と少ない知的障害者の生活を支える大切な制度。できる限り、存続してもらいたい。廃止するにしても何らかの違う支援の仕組みを考えてほしい」と話している。


|

« 君は川を幾つ渡るか | トップページ | 小さな思い出 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/10034269

この記事へのトラックバック一覧です: 都の障害者年金、廃止含め検討へ:

« 君は川を幾つ渡るか | トップページ | 小さな思い出 »