« 検索ワード | トップページ | 【作家の猫】 »

2006.09.12

米朝落語会

昨夜、米朝落語会へ行ってきた。

米朝師匠の出られない「米朝落語会」だ。代演は、桂南光さん。演目は「おたのしみ」ということだったが、師匠のおけがの話から始まってご自身の闘病体験を語られて、この夜一番おもしろかった。

もともとトリは小米朝さんだったが、「くしゃみ講釈」という演目だったこともあり、少々気負いが感じられた。留守を預かっているという緊張もおありだったのだろうが。
ずっと最初から見ているという方が、「小米朝さん、うまならはった」と言っていたが、勿論人間国宝と比較するのは酷な話。しかし、ちょっとした動作がそっくりになってこられた。


これは他の人だが、同じ「鶴」にしても、師匠とはどこが違うのだろう?
師匠の絶妙の[間]というのは、なかなか会得できるものではない。


|

« 検索ワード | トップページ | 【作家の猫】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26000/11869352

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝落語会:

« 検索ワード | トップページ | 【作家の猫】 »